Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
 
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3866

光学定盤除振テーブル (M6 ねじタイプ)

  • スチールハニカム構造の光学定盤を採用
  • 上面板に着磁性SUS430プレート採用
  • 除振性能別に空気ばね式と防振ゴム式をラインナップ
  • 機器固定用にM6タップ穴を採用 (25mm穴間隔)

精密機器の振動対策は、外部からの有害な振動を精密機器の直前で遮断する除振が最も効果的です。エドモンド・オプティクスの光学定盤除振テーブルは、高剛性、高ダンピング特性、及び軽量化実現のため、スチールハニカム定盤を採用しています。光学実験に大切な剛性は、アルミ製のハニカム定盤に比べて30~40%向上し、また鋳鉄定盤と同等の剛性を約1/5~1/7の質量で実現します。床の耐荷重を心配することなく設置できるのも大きなメリットです。

光学定盤除振テーブルは、除振機構に標準的な空気ばね式を採用したタイプと、空気ばねを搭載しない簡易型が選べます。空気ばね式のテーブルは、自動レベル維持機構を搭載し、水平を自動的に維持します。対する簡易型は、除振機能は特に必要なく、軽量で高剛性、高ダンピングの実験用定盤を必要とする場合にお勧めです。簡易型に採用している定盤は、空気ばね式のそれと全く同じです (架台上への設置は、簡易的な除振効果が得られる防振ゴムを採用)。どちらのタイプも、前面の脚連結材を一本取り除き、本体下部のスペースを開放しています。実験器具や電源などの収納場所として利用できます。またサービスコンセントや移動用キャスターを標準装備します。なお製品の自重と大きさから、別途運送料がかかります。また標準納期も、他の当社標準品のそれとは異なります。詳しくは、当社カスタマーサービスまでご連絡ください。

お見積りは必要ですか? 商品コードをご入力ください。2段階の見積りプロセスを開始します。

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×