Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2802

プリアンプモジュール

USB Controlled Amplifier, #34-789
Variable Gain Standard Current Amplifier, #57-988

USB Controlled Amplifier, #34-789

Variable Gain Standard Current Amplifier, #57-988


  • 可変ゲイン
  • 高速応答 & 低ノイズデザイン
  • USB 制御バージョンもラインナップ

 プリアンプモジュールは、フォトダイオード (PD) や光電子増倍管 (PMT) から得られた微小な光電流を低ノイズで増幅し、電圧に変換する機能を有します。スタンダード、低ノイズ、USB制御、及び高速応答モデルを用意し、どのモデルも可変ゲイン機能を装備します。スタンダードモデルは、3段階のゲイン切換えと、PD に逆バイアスをかけることを可能にするバイアスピンを装備します。低ノイズモデルは、AC/DCカップリングの切り換え機能やバイアス電圧のオフセット調節機能、及び10Hzのローパスフィルターを装備した2段階の低ノイズアンプです。高速応答モデルは、AC/DCカップリングの切り換え機能、ベースライン補正用のオフセット調節機能、PDとの使用に向けたバイアス電圧調節機能、及びローパスフィルターの選択機能 (10MHz/1MHz) を装備します。

 USB制御モデル (#34-789)は、pAからmAまでの電流の正確な計測用にデザインされており、デジタルとアナログの両信号のプロセスを可能にします。また、USB制御とDB25制御の両方に対応しています。どのUSB制御モデルにもシステムインテグレーションを容易にするSDKに、ゲインレンジやバンド幅、極性の能動的制御を行うためのGUI、及びLabVIEW® VI サンプルが付いています。どのモデルも、BNCの入出力端子を採用しているため、DAQシステムやターミナルブロック、或いはオシロスコープや光ディテクターとの接続も容易です。特に、BNC接続を有する光ディテクターを用いたシステム設計と同構成が難なく行えます。

補足: #57-988, #59-178, 及び #59-179は、駆動の際に所定のパワーサプライが必要になります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×