Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2961

Fθスキャンニングレンズ


  • Nd:YAGレーザー (1064nm, 532nm, 355nm)とCO2レーザー (10.6μm)用にデザイン
  • フラットな像面を形成

 Fθレンズは、レーザーマーキングやレーザー彫刻、またレーザーカッティングの光学系に共通して用いられます。このレンズに Nd:YAGやCO2のレーザー光源、ガルバノミラー、同光源用のビームエキスパンダーを組み合わせることにより、スキャンニングシステムにおけるフラットな像面を形成します。

 エドモンド・オプティクスのNd:YAGレーザー用Fθレンズは、高次元の像側分解能を得る目的のため、3~5枚レンズで構成されています。エアスペースデザインと高効率な反射防止膜の採用により、卓越したスループットと耐久性が得られます。対するCO2レーザー用Fθレンズは、費用対効果の高い1枚レンズで構成されます。

 どちらのレーザー用のFθレンズも、業界標準のM85マウントを採用しています。これにより、機器への組み込みや、現在ご使用のレンズからの変更が容易に可能となります。なお像面で回折限界の集光性能を得るために、レンズに対する入射ビーム径は、レンズの入射瞳径をフルに活用できる大きさにしてください。なおNd:YAGレーザー用Fθレンズには、3Xと5XのTECHSPEC® YAGレーザー用ビームエキスパンダーの使用が理想的です。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×