Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3356

FLIR® Chameleon® USB 2.0 出力カメラモジュール


  • 高品質の130万画素 ソニー製EXview HAD CCD®を搭載
  • 超小型で軽量
  • トリガーやストロボ用に、汎用I/Oコネクター (オプション)を用意

 FLIR®社の Chameleon® USB 2.0カメラモジュールは、広範なイメージングアプリケーションに対応する軽量でコスト効率の高いソリューションです。 超高感度の⅓型ソニー ICX445 CCDと12ビットA/Dコンバーターを搭載した本CSマウントカメラは、130万画素の高品質画像を18fpsで生成します。取り外し可能なガラス/IRフィルターと、小型軽量のプラスティックハウジングを採用します。 7ピン汎用I/Oコネクター (別売り)は、カメラを外部トリガーや光源などの外部デバイスに同期することができます。データと電源の転送用に5ピンのミニBタイプUSBコネクターを採用する本製品には、専用のUSBケーブル (#59-382; 別売)をご使用ください。FLIR®社のChameleon™ USB2.0カメラには、三脚用マウントアダプター (¼-20UNC)、5mm長 Cマウントレンズ用アダプター、画像キャプチャやカメラコントロールを行うFlyCapture® SDKが付属 (当社ウェブサイトからダウンロード可能)です。

補足: FLIR®社は、以前までPoint Grey社として知られていました。

 FLIR®社のChameleon® USB 2.0カメラの鍵となる装備に、フィールドプログラマブルゲートアレイ (FPGA)チップがあります。FPGAは、ゲイン、露光、ガンマ、解像度、フレームレート、ユーザーメモリーチャンネルなどを含むカメラの全機能をコントロールします。フィールドにおいて新しいファームウェアを追加すれば、FPGAチップをアップデートできます。その他の標準機能に、マルチトリガーやストロボモード、関心領域があります。

 FLIR®社のChameleon® USB 2.0カメラは、IIDC v1.31規格に完全準拠しています。既存のFLIR®社製カメラユーザーは、FlyCapture®ソフトウェア開発キット (SDK)によるシームレスなソフトウェア統合を実現できます。FlyCapture® SDKは、ActiveX、TWAIN、DirectShowのサポートを含む、32/64ビットのWindowsとLinuxプラットフォームに互換性があります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×