Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3424

Cマウント 偏光子ホルダー


  • 偏光板や位相差板をCマウント光学系の中に容易に組み込み
  • 20mm径の偏光板を固定するためにデザイン
  • ホルダー中の偏光板の方位角を最大90°まで回転

 鏡筒中のねじリングにより、直径20mm (+0.0 -0.2mm)、板厚2.5mm以下の平面光学素子を固定します。偏光子ホルダーは、鏡筒中の回転リングを回すことにより、固定した光学素子が回転する大変便利なアイテムです。この時、ホルダーの前後に接続したCマウントコンポーネントは、一切回転しません。光学素子のみが回転します。よって設置の方位角によって光学的性能が変わる偏光フィルター位相差板への使用に最適です。また本製品を2個使用することにより、偏光子/検光子ホルダーとして利用するのにも最適です。

 試作段階での光学系の性能評価やデモ用光学系を短時間でセットアップするのに最適なエドモンド・オプティクスのCマウントシリーズコンポーネントは、様々な機能を持った製品群を豊富にラインナップしています。どの製品もねじ込み式の規格ではポピュラーなCマウント (1-32UNF (M25.4 x 0.79))のねじ山を採用しているため、製品間で接続的な互換性があります。独自の光学系の製作に対するユーザーの多様なニーズに対応することができます。なおどの製品も特に記載のない場合、アルミ製の黒アルマイト仕上げです。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×