Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
Resources / アプリケーションノート / オプティクス / 非球面アクロマティックレンズ
非球面アクロマティックレンズ

非球面アクロマティックレンズ

Aspherized Achromatic Lenses

 プリズムアワードを受賞した非球面アクロマティックレンズは、色収差と球面収差の両方に対して卓越した補正を行う費用対効果の高いレンズです。エドモンド・オプティクス (EO) の世界屈指の球面研磨技術に独自のポリマーモールディング工程を組み合わせ、非球面レンズが持つ優れた画質とアクロマティックレンズが持つ正確な色補正力とを融合しました。その結果、昨今の光学やビジョンシステムが要求する厳しい要件にも適合する経済的手段といえます。非球面アクロマティックレンズをレンズ系設計内に採用することで、リレー光学系やコンデンザー光学系、高NAイメージングシステムやビームエキスパンダーといったアプリケーション内で顕著な性能の改善を得ることができます。

MTF and Aberration Plot of #45-209, 12.5mm diameter, 14mm Focal Length TECHSPEC® Achromatic Lens
MTF and Aberration Plot of #45-209, 12.5mm diameter, 14mm Focal Length TECHSPEC® Achromatic Lens
Figure 1: TECHSPEC® φ12.5 x 14mm FL アクロマティックレンズ (#45-209) のMTFと横軸光線収差特性
MTF and Aberration Plot of #49-658, 12.5mm diameter, 14mm Focal Length TECHSPEC® Aspherized Achromatic Lens
MTF and Aberration Plot of #49-658, 12.5mm diameter, 14mm Focal Length TECHSPEC® Aspherized Achromatic Lens
Figure 2: TECHSPEC® φ12.5 x 14mm FL 非球面アクロマティックレンズ (#49-658) のMTFと横軸光線収差特性

 非球面アクロマートは、ガラス製の光学レンズ素子に感光ポリマーを貼り合わせて作られます。このポリマーは、ダブレットレンズの片面側だけに貼り合わされるため、短時間内で容易にレプリカを作ることができます。また、一般的なマルチエレメント部品が持つ柔軟性を使用者に提供します。

Caption
Figure 3: 非球面化の工程

 とは言っても、ガラス素子とは異なり、非球面アクロマティックレンズの使用温度範囲は-20℃から+80℃と狭くなります。非球面アクロマティックレンズに用いられる材料は、紫外域では透過しないため、アプリケーションによっては見合いません。本レンズは、ポリマー部がキズに強くないことから、取扱いには特に注意が必要です。仮にキズがついたとしても、EOの広範な在庫販売部品を活用して交換も容易に行えます。使用上の制限はいくつかありますが、非球面アクロマティックレンズの使用メリットは広範なアプリケーションに向けて十分にあると言えます。

このコンテンツはお役に立ちましたか?

どのタイプの非球面レンズがあなたのアプリケーションに良いのかを決定する前に、非球面の考察やメリット、製造方法に関する全てを学習しましょう。

 即購入いただける在庫販売非球面レンズをガラス、プラスティック、或いは赤外結晶材料で数百種ラインナップ。必要なものが見つかりませんか? 当社がお作りいたします。

 UV, 可視, IRのスペクトルに対して複数の反射防止膜とデザインオプションを用意。枠なしや枠付き、非球面バージョンもラインナップ。

 未コート品、或いはUV, 可視, もしくはIRスペクトルで機能する反射防止コーティング付きを用意。光学ガラス、結晶、プラスティック、研磨、或いはモールドバージョンをラインナップ。今すぐお求めください!

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×