Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
技術資料 / アプリケーションノート / オプティクス / 「あなた仕様」の非球面レンズがすぐに必要ですか?
「あなた仕様」の非球面レンズがすぐに必要ですか?
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

「あなた仕様」の非球面レンズがすぐに必要ですか?

世界で最も多い品数の在庫販売平凸レンズを持つエドモンド・オプティクスは、あなたの非球面ニーズに対する起点となる沢山のソリューションを提供します。在庫販売するどの平凸レンズのコーニック定数を修正することで、「あなた仕様」の非球面レンズを素早くかつ正確に製造することができます。まずは加工対象となるレンズを選定し (必要となる直径や焦点距離から選ぶことで)、次にご使用になる光源の波長をご指定ください。当社がその球面レンズを研削・研磨加工して、その波長で回折限界の集光性能を持つ非球面レンズをお作りいたします。またレンズの小径化や特注コーティングといった他の修正が必要な場合も、当社は対応することができます!

例: あなたのアプリケーションが852.1nmの波長で機能する直径 40mm、焦点距離 80mmのレンズを必要とする場合、当社は標準品の平凸レンズをそのニーズに適合させるよう素早く加工修正することができます。負のコーニック定数を取り入れ、材料の約400ミクロン分を除去することで、元の平凸レンズの性能を十分に凌駕する非球面レンズとなります。

補足: 平凸レンズを非球面形状化して作られた非球面レンズは、レンズの向きを逆向きにして用いる必要があります。伝統的な非球面レンズは、レンズの非球面側を光源に向けて使用しますが、本加工による非球面レンズは、レンズの平面側を光源に向けて使用する必要があります。

PCX-to-Asphere Conversion

Figure 1: φ40 x 80mm FLの平凸レンズの非球面形状化

このコンテンツはお役に立ちましたか?

世界最大規模の在庫品オプティクスを活用し、EOはわずか2~3週間で在庫部品をカスタマイズすることができます。

どのタイプの非球面レンズがあなたのアプリケーションに良いのかを決定する前に、非球面の考察やメリット、製造方法に関する全てを学習しましょう。

非球面レンズがどのように作られるのか疑問に思ったことはありませんか?この動画ではその工程をご覧いただけます。

正しい製品の選定にサポートが必要ですか?アプリケーションに関する質問をお持ちですか?お客様の技術的な質問をご相談ください。当社エンジニアスタッフが専門的アドバイスを致します。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×