• ユーザーログイン
  • 0
技術資料 / Industry Expertise / SWIR イメージング

SWIR イメージング

可視を超えたものが見えますか?

Can You See Beyond the Visible?

 可視光では実施が困難か、或いは不可能な数多くのアプリケーションが、短波赤外 (SWIR)を使うことで優れた結果を得ることが可能になります。私たちは、「可視を超えたものを見る」ことができます。対象物自体から放射される中波赤外 (MWIR)や長波赤外 (LWIR)光とは異なり、 SWIRは可視光と同様、光子が対象物によって反射または吸収されるため、高解像イメージングに必要な高コントラストを提供します。天然のSWIR放射の中には星明かりや夜天光があり、霧、霞、水蒸気越しのイメージングを含む、屋外や夜間のイメージングでは優れた照明となります。

最も代表的なSWIRイメージングアプリケーション

  • 電子基板検査
  • 太陽電池検査
  • 特定と分類
  • 製品検査
  • 監視
  • 偽造防止
  • 工程品質管理

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

Visible Imaging of Red Apple
Figure 1a:赤いりんごの可視光イメージ。可視光による画像では、りんごが完全に赤く見えます。傷みの判別は容易ではありません。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

SWIR Imaging of Red Apple
Figure 1b:赤いりんごのSWIRイメージ。SWIRによる画像では、りんごにある打ち傷がはっきりと判別できます。表面上のあらゆる欠陥の検査が容易になります。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

Visible Imaging of Baby Powder Bottle
Figure 2a:ベビーパウダーボトルの可視光イメージ。可視光による画像では、ボトルが白く光沢のあるように見えます。中身のパウダーはまったく識別できません。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

SWIR Imaging of Baby Powder Bottle
Figure 2b:ベビーパウダーボトルのSWIRイメージ。ボトルはSWIR波長を透過します。中身のパウダーの量が簡単に見えます。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

Visible The Last Judgment
Figure 3a: ヤン・プロヴォスト (Jan Provost)作 「最後の審判」。SWIR波長帯よる撮像は、デトロイト美術館により行われました。塗膜の下に隠れた下書きを細かく調べることで、画家が最初に意図していたものを推し量ることができます。著作権者であるデトロイト美術館の許可を得て掲載。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

SWIR The Last Judgment
Figure 3b:実際に描かれた5本のラッパに対し、大天使の下に10本のラッパを確認できます。描かれたラッパの位置によって、帆船の配置も見直す必要があったように見受けられます。地球儀の上部にあるつま先も、当初の下書きと同じ位置に描かれてはいません。著作権者であるデトロイト美術館の許可を得て掲載。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

Visible Bountiful Fruit
Figure 4a:フィラデルフィア在住の画家ニコール・コニツァー (Nicole Koenitzer)による「フルーツ盛り合わせ」。油絵を描く際に画家の構想が移ろう様子が見てとれます。SWIR波長帯で絵を調べることにより、初期のスケッチから描画、そして仕上げの修正に至る画家の構想の過程が分かります。

ポインタを画像の上に移し、SWIRイメージをご覧ください

SWIR Bountiful Fruit
Figure 4b:ご覧の通り、初期の構想には、最終的に描かれなかったバナナや額縁を見ることができます。また右下部には、可視波長帯では確認できない斑点があります。おそらく、画家は当初、異なる素材で背景を描き始めたものの、その後気が変わって描画を修正したものと思われます。

エドモンド・オプティクスは、SWIRイメージングのエキスパートです。

SWIR - Start Shopping

 製造と組み立ての大量生産に対応し、最高品質で行う能力を備えたエドモンド・オプティクスは、SWIRイメージングレンズのデザイン、製造、コーティングの経験に長けています。エドモンド・オプティクスは、SWIRスペクトルでの性能に最適化したガラスを用いて設計し、SWIR波長の透過率を最大化するよう特別にデザインした反射防止 (AR)コーティングを採用する組みレンズをご用意しています。

 SWIR波長帯に適したデザインおよびコーティングが施されているレンズの使用が不可欠です。可視スペクトル用にデザインされたレンズを使用すると、イメージの解像度が低く、光学収差はより高くなります。

買い物を始める

SWIRイメージングレンズの仕様

  • SWIR波長で優れた画質が得られるようにデザイン
  • 800~1800nmにおいてR <0.5% (一面当たり)のARコーティング特性
  • 25.6mmまでのセンサーをサポート

専門家のアドバイスが必要ですか?

 当社のアプリケーションエンジニアに今すぐご連絡ください。お客様のご要望を検討いたします。


関連情報

 エドモンド・オプティクスは、お客様のアプリケーションに最適な製品を見つけるお手伝いをいたします。SWIR技術に関する情報をさらにご覧いただき、SWIRイメージングがアプリケーションに適したものであるかをご確認ください。

SWIR imaging offers a number of advantages when used for inspection, sorting, surveillance, quality control. Check this out to answer "Can you see beyond the visible?"

 テレセントリック、固定焦点、マイクロビデオ、固定倍率、可変倍率、ズームレンズのラインナップ。あなたの使用するイメージセンサーに対応した高解像や大判センサーデザインもあり。

 エドモンド・オプティクスのサポートが必要ですか? あなたのニーズに合わせて、当社の迅速かつフレンドリーなサービスの全てをご活用ください。

 在庫販売品の見積りがすぐにご必要ですか?1営業日内に正式な見積書をお受け取りになれます。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

SSL, SSL Certificates, Secure Sockets Layer