eo_logo
  • 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  • cart   
 

バンドパスフィルター

バンドパスフィルター選定表

バンド幅バンド幅は、光学フィルターが入射した光を透過させることのできるスペクトルの範囲です。バンド幅の狭いフィルター (<20nm) は、元素分析や化学分析アプリケーション、分析機器、およびレーザーラインのクリーンアップに代表的に用いられます。バンド幅の広いフィルター (>20nm)は、蛍光顕微鏡やマシンビジョン、ファクトリーオートメーションを始めとするイメージングアプリケーションに共通して用いられます。詳細については、光学フィルターに関する アプリケーションノート をご覧ください。
光学濃度 光学濃度は、1枚のフィルターによって透過を阻止または遮断されるエネルギー量を表します。光学濃度の値が高いほど阻止/遮断する領域での透過率は低くなり、同値が低いほどその領域での透過率は高くなります。6.0以上の光学濃度は、蛍光顕微鏡などの高S/Nを作り出すアプリケーションに用いられます。3.0 - 4.0の光学濃度は、レーザー分離やレーザークリーンナップ、マシンビジョン、化学物質検出に理想的です。これに対して、2.0以下の光学濃度は、色の選別やスペクトル次数の分離に最適です。詳細については、光学フィルターに関する アプリケーションノート をご覧ください。
  蛍光イメージングやマシンビジョンアプリケーション向けの広帯域フィルター 化学分析やレーザークリーンアップ向けの狭帯域フィルター キット、セット、
および特殊フィルター
OD 6.0 のブロッキング (<0.0001% の透過率)
OD 6.0 フィルターは、イオンビームスパッタリング (IBS) やマグネトロンスパッタリングを始めとする先進的なハードコーティング技術を利用して作られており、高透過率、高ブロッキング性能、および長寿命を保証します。
 
 
 
OD 4.0 のブロッキング (<0.01% の透過率)
OD 4.0 フィルターは、一般的に大量生産用のハードコーティング技術を利用して製造されており、高透過率、高ブロッキング性能、長寿命、および大幅な数量値引きを保証します。
 
OD 2.0 のブロッキング (<1% の透過率)
OD 2.0 フィルターは、一般的に従来の真空蒸着技術もしくは吸収性の色ガラスから製造されており、費用対効果の高いフィルターを生み出します。
 
 

バンドパスフィルターに関連した全ての資料を見る  

光学用バンドパスフィルターは、波長の一部を選択的に透過し、他の全ての波長の透過を遮断するのに用いられます。光学用バンドパスフィルターは、蛍光顕微鏡、分光解析、臨床化学、イメージングを始めとする様々なアプリケーションに用いられます。これらのフィルターは、ライフサイエンスや工業、或いは研究開発などに代表的に用いられます。

エドモンド・オプティクスは、広範な光学用バンドパスフィルターを、一連のバンド幅オプションでご用意しています。レーザーラインフィルターは、一般に2~5nmの狭いバンド幅を持ち、要求の厳しいレーザーアプリケーション用に用いられます。蛍光用フィルターは、励起と発光バンドのエネルギー透過を最大化するようデザインされており、一般的に20~70nmの広いバンド幅を持ちます。エドモンド・オプティクスの10nmフィルターは、化学、環境、元素分析用に最適です。ハードコートフイルターは、比類のない耐久性を備えた最大の性能を実現します。伝統的な真空蒸着法により製造されるソフトコートフィルターは、コスト重視の際に格好な選択肢です。なお光学用バンドパスフィルターは、得られる光学特性が入射角度により大きく異なるため、光学系への固定や実装の際には注意が必要です。

×
×