• 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  •   
 

直線偏光素子

カテゴリー
    タイプ
    設計波長 DWL (nm)
    波長域 (nm)
    直径 (mm)
    to
    寸法 (mm)
    構造
    基板
    Absorptive (Dichroic) Polarizers Absorptive (Dichroic) Polarizers
    • Polarize Light through Absorption
    Wire-Grid (Reflective) Polarizers Wire-Grid (Reflective) Polarizers
    • Polarize Light through Reflection
    Crystalline Polarizers Crystalline Polarizers
    • Crystalline Designs with High Extinction Ratios
    TECHSPEC® Ultrafast Thin Film Polarizers Thin Film Polarizers
    • Thin Film Dielectric Coatings for Laser Applications
    Brewster Windows Brewster Windows
    • Polarize Light at Brewster’s Angle

    直線偏光素子に関連した全ての資料を見る  

    直線偏光素子は、入射光を直線偏光にするためにデザインされた偏光素子です。白色光が直線偏光素子を通過すると、入射光の半分の透過を阻止し、偏光素子が特定する一方向の電界方向成分のみを透過します。直線偏光素子は、一連の産業、イメージング、ラボ用のアプリケーションに最適です。2枚の直線偏光素子を重ねると、透過率が急激に減少するため、グレアの軽減や歪のテストに最適です。

    エドモンド・オプティクスは、可視や赤外 (IR)スペクトルのアプリケーション用に、ガラス、プラスティック、フィルム基板の広範な直線偏光板をご用意しています。エドモンド・オプティクスの直線偏光素子は、様々な寸法のものをご用意しています。ガラス基板の偏光素子は、耐久性が増すのに対し、プラスティックやフィルムの直線偏光素子は、費用対効果の点で別の候補になります。フィルム基板の直線偏光素子は、アプリケーションニーズに合わせて簡単に切断できるシート状のものをラインナップします。ラミネート加工したフィルムは、フィルムとしての剛性が増し、取り扱いやシステムインテグレーションが容易になります。近赤外用偏光フィルムは、光通信デバイスにも用いられます。


    ご質問はありますか? サポートが必要ですか? - 当社エンジニアにお問い合わせください。

    (+81) 03 3944 6210 ライブチャット

    または以下のフォームからお問い合わせください。当社からご連絡いたします。

    ×

    お見積りは必要ですか? 商品コードをご入力ください。2段階の見積りプロセスを開始します。

    Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

    ×