Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
カテゴリー
    直径 (mm)
    to
    コーティング
    基板
    Fナンバー
    開口数 NA
    タイプ
    波長域 (nm)

    両凹レンズ

     両凹レンズは、ビームの拡大や画像の縮小、また光投影アプリケーションに用いられます。また光学系の焦点距離を伸ばすのに最適です。2つの凹面で構成される両凹レンズは、負の焦点距離を持つ光学用レンズです。

     エドモンド・オプティクスは、在庫品の光学素子を世界で最も多く提供しており、標準的光学ガラスやUVグレ-ド合成石英製の様々な両凹レンズを販売します。標準的光学ガラスのレンズは、MgF2, VIS 0°, VIS-NIR, NIR I, NIR IIを始めとする紫外 (UV)、可視、或いは赤外 (IR)域用で機能する反射防止膜付きレンズをラインナップしています。UVグレード合成石英基板は、卓越した透光性と高い動作温度を可能にします。UVグレード合成石英製両凹レンズは、レーザーやイメージングアプリケーションに最適です。オプションのUV-AR 反射防止コーティングは、紫外 (UV)スペクトルでの性能を向上させます。エドモンド・オプティクスの両凹レンズは、サイズと焦点距離別に広範にラインナップしています。


    両凹レンズ (コートなし)
    • 350 - 2200nmの波長域
    • OEM実装を容易にする正確な直径と偏芯公差
    • 直径と焦点距離別に豊富にラインナップ
    • その他の反射防止膜オプション: MgF2, VIS 0°, VIS-NIR, NIR I, NIR II

    両凹レンズ (MgF2 シングルコート)

    両凹レンズ (VIS 0°マルチコート)
    • Ravg <0.4% (@425~675nm; 一面当たり)のARコート採用
    • 0°の入射角でデザイン
    • 様々な反射防止膜オプション: 未コート, MgF2, VIS-NIR, NIR I, NIR II

    両凹レンズ (NIR I マルチコート)
    • Ravg <0.5% (@600~1050nm; 一面当たり)のARコート採用
    • 0°の入射角でデザイン
    • 様々な反射防止膜オプション: 未コート, MgF2, VIS 0°, VIS-NIR, NIR II

    両凹レンズ (NIR II マルチコート)
    • Ravg <0.7% (@750~1550nm; 一面当たり)のARコート採用
    • 0°の入射角でデザイン
    • 様々な反射防止膜オプション: 未コート, MgF2, VIS 0°, VIS-NIR, NIR I

    両凹レンズ (VIS-NIRマルチコート)
    • Ravg <1.25% (@400~1000nm; 一面当たり)のARコート採用
    • R <0.25% (@880nm)
    • 0°の入射角でデザイン
    • 様々な反射防止膜オプション: 未コート, MgF2, VIS 0°, VIS-NIR, NIR I

    合成石英製両凹レンズ
    • ビーム拡大や光投影アプリケーションに向けた負の焦点距離
    • 200 - 2200nmの波長域
    • 人気の高いUVマルチコーティングのオプションを用意

    平凸レンズキット & 単レンズキット
    • 単レンズキットは、平凸, 両凸, 平凹, 両凹レンズから構成
    • 12mm径と25mm径レンズのキット品を用意
    • コートなしとBBARコーティングオプション

    ×

    お見積りは必要ですか?

    Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

    ×