Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
企業情報 / コンプライアンス

コンプライアンス

ISO 9001:2015 の認証を受けています!

ISO 9001:2015ISO 9001:2008

エドモンド・オプティクス (EO) は、米国ニュージャージー州バーリントンにある本社を始め、いくつかの拠点でISO 9001の認証を受けています。EOは、厳格なグローバル品質プログラムを導入し、経験豊富なスタッフによってそれを監視し、最も革新的な光学試験設備を用いて検査しています。

EOが製造する製品は、企業の品質プログラムの一環として厳格で徹底した試験を受けており、かつEOのグローバル品質手順に準拠しています。

当社米国本社でのISO:9001認定証はこちらをご確認ください (PDF 106KB)

エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社のISO:9001認定証 (日本語版) はこちらをご確認ください (PDF 377KB)

エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社のISO:9001認定証 (英語版) はこちらをご確認ください (PDF 378KB)

エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社の品質方針はこちらをご確認ください (PDF 84KB)


ITAR 認証と準拠

ITAR Registered and Compliant

エドモンド・オプティクスは、防衛物資に関する製造や輸出を制限する米国政府の一連の規則である国際武器取引規則 (International Traffic in Arms Regulations; ITAR) を遵守しています。

ITAR認証機関の認定を受けたエドモンド・オプティクスは、最も厳格な守秘義務でITARオプティクスを製造します。ITAR規則は、国務省からの認可を受けない限り、防衛や軍関係の技術に関連する情報や資料を米国人だけで共有しなければならないことを規定しています。

要するに、エドモンド・オプティクスから製品を購入する時、あなたの注文に関する情報は機密事項として取り扱われます。当社は、自社製造工場の安全性および重要な全ての文書と図面の管理に最大限の注意を払います。ITARの認証を受けて遂行するメーカーの一社として、全ての連邦規則と規制に沿って光学部品を製造していることは、あなたに安心感を与えることでしょう。


環境方針

ISO 9001:2008

エドモンド・オプティクスは、1942年の創業以来、オプティクスや光学部品の分野で業界を先導しています。当社は変わり続ける市場の要求に適合していけるよう、創業当時から一貫して変化を続けてまいりました。世界が次第に地球環境に関心をよせる昨今、エドモンド・オプティクスは、環境マネジメントを自社オペレーションの中心に置きました。資源の効率化と廃棄物の削減に対して基準を立てた環境マネジメントシステムの一つ、ISO 14001の導入を通してこれを実行します。当社の率先性が、環境により優しいグッズやサービス、そして製品に対する供給と需要の両方を発展させ、維持していくことを願っています。2016年1月にこの認証を受けたことを誇りに思います。

当社のISO 14001認定証をご確認ください (PDF 253KB)

ISO 方針要項

エドモンド・オプティクス バーリントン本社で掲げた環境方針は、EOでの環境に関するゴールを従業員や来訪者に理解してもらうために用いています。これは、企業活動や製品、そしてサービスによる環境的影響を実行可能なレベルで小さくしていかなければならないことを掲げたエドモンド・オプティクスの社内方針です。エドモンド・オプティクスは、地球環境の継続的改善や汚染物質の削減、そして自社の環境的側面に関連する全ての法的要求やその他の要求への準拠に取り組んでいます。

ISO 14001

エドモンド・オプティクスは、複数の環境的側面を特定し、環境に対する影響を削減することに従事します。紙の使用削減や優れた梱包形態の採用、そしてキッチンやカフェテリアでの環境により配慮した活動やリサイクル活動の改善はその一例です。紙の使用削減については、社内にある全てのプリンタを両面印刷設定にしており、従業員には印刷よりも電子的代替手段を用いることを奨励しています。これにより、当社のプリンタに用いる紙の使用頻度が劇的に少なくなりました。当社の梱包形態は、時間の経過と共にゴミの削減を目指し、再検討される見込みです。キッチンやカフェテリアで用いる日用品は、生分解性の環境に易しいものに切り替えられ、オフィスビル全体でリサイクル活動を導入しています。

梱包

当社の倉庫エリアにおける環境的影響を改善するため、段階を踏んで、二次的な梱包資材を切り替えています。この中には、レンズの包装に用いている海綿状プラスチック包装材や布製バック材を、環境破壊せずに継続可能な代替材料に切り替えていくことも含まれています。古い包装形態で梱包された製品をリサイクルされた生分解性の段ボールやグラシン封筒に置き換えています。加えて、輸送時に余計なゴミの発生を減らすため、梱包資材の企業と組んで主要な梱包材料の見直しを行っています。

グリーンなカフェテリアとキッチン

2014年、エドモンド・オプティクス バーリントン本社だけで約52,000個ものスチロール製カップが使われていました。これは、従業員一人当たり年間約276個もの消費に相当します。この流れを変えるため、スチロール製カップの使用を中止しました。そしてその代わりに、全従業員に再利用可能なコーヒーマグやドリンク用カップを供給しました。またキッチン内では、それまで使用してきたプラスチック製のキッチン用品を生分解性のものに切り替えました。これは大きな成功となりました。プラスチックやスチロール製のカップは、今ではオフィスビル内のどこにも見つけることができませんし、使い捨てのキッチン用品はごみ処理場で生物分解されることになります。

リサイクル活動

当社は、全ての廃棄物を安全で環境に易しいマナーで適切に処理することに尽力します。これを行うため、廃棄業者やリサイクル工場と協力して、オフィスと倉庫の両方から発生する廃棄物やリサイクル可能な材料を適切に処置しています。この中には、毎年15トンもの段ボールと5トンもの紙が含まれますが、それだけにとどまりません。従業員個人レベルでのリサイクル習慣を更に改善していくため、シングル・ ストリーム・リサイクル (SSR) 用の容器をオフィスやカフェテリアの至るところに設置しています。

RoHS & REACH

Edmund Optics strives not just to meet, but exceed, all applicable environmental regulations and laws where we do business and being RoHS compliant is a part of that. RoHS Directive Restriction of Hazardous Substances (RoHS) Recast or "RoHS 2" was adopted June 8, 2011, and published in the Official Journal of the European Union on July 1, 2011, thereby establishing its effective dates. It repeals the original RoHS Directive, which has regulated hazardous substances in electrical and electronic equipment (EEE) since June 2006.

The RoHS directive regulates the use of six hazardous substances (lead, mercury, cadmium, hexavalent chromium, and the flame retardants: PBDE – polybrominated diphenyl ether and PBB – polybrominated biphenyl) in electrical and electronic products and restricts them from being sold on the European Union market.

The RoHS directive under the Recast now includes a CE-marking directive. This means if an electrical/electronic product, device or equipment has the CE mark, it is also RoHS compliant. The impact of the RoHS directive can be seen around the world. Most product manufacturers, importers, and exporters, as well as consumers, require the products they purchase to meet this directive or use an exemption that allows the product to be sold in the EU marketplace.

What happens if my product contains one of these six hazardous materials?
A product that exceeds the maximum levels allowed by the directive cannot be sold in the European Union after July 1, 2006. Remember that many other countries have developed their own version of RoHS and other initiatives to restrict substances that may be hazardous.

Will the products I buy from Edmund Optics comply with the RoHS Directive?
As a manufacturer and supplier of a diverse range of products, EO continuously reviews our product offering with product designers and suppliers to improve our product lines and meet RoHS requirements whenever possible. Due to the complex nature of optics, many optical components must include the use of restricted substances to maintain the effective refractive index, partial dispersion, and UV transmittance for various technical applications. These products that contain these substances utilize exemptions, which are reviewed on a regular basis by the appropriate regulating body. We may find that an exemption has not been renewed or it has expired. We will do our due diligence in ensuring that the website and all documentation is updated at our earliest opportunity should this occur.

What changes occurred with RoHS 2 that impact Edmund Optics product lines?
Exemption Expirations: There is now an expiration on the exemptions used on some of our products. These exemptions may be renewed by the EU Commission no earlier than 6 months before the expiration.

CE Mark: Required for electronics that EO will import into the European Union directly. This does not impact our optical materials and products that are not considered electronics. If an item that you wish to purchase is not RoHS compliant, please contact one of our Product Support Specialists who can assist you in obtaining a RoHS compliant product for your application needs. To learn the current status of specific stock numbers and print a certificate for compliant stock numbers, use our RoHS Lookup Tool.

Another regulation we are continually working to comply with is REACH- Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals. REACH aims to protect both human health and the environment from the risks chemicals present. As the list of chemicals is updated several times a year, Edmund Optics is maintaining a database to continually work to meet this regulation.

カルチャー

 エドモンド・オプティクスは、ボランティア活動に価値を置いています。全従業員が任意に参加する非営利団体や慈善団体の活動に対し、年一日分の有給休暇を用意しています。従業員がボランティア活動する組織の中には、Surfrider FoundationやNewton Creek Watershed、Sustainable Haddonfield、GMO Free NJなどもあります。

 エドモンド・オプティクス バーリントン本社は、子供が参加するワークショップイベントを毎年開催し、従業員の子供たちが一日中楽しんでイベントに参加しています。子供たちは会社のスタッフメンバーと一緒になってオプティクスを探求し、光学実験を行います。イベントの最後には全員が集まり、その日のイベントを記念して一本の木を一緒に植えます。子供たちの成長に合わせて、この木も大きく成長することになります。

 エドモンド・オプティクスは一つの慈善活動団体と毎月提携しています。従業員がその団体に寄付することもできます。従業員からの寄付金と同額の寄付金を会社でも用意し、特定慈善活動に寄付しています。この中には、地球環境に焦点を当てた活動も含まれています。


Conflict Minerals Policy Statement

Edmund Optics is committed to responsible sourcing that promotes environmental health, human rights and ethical practices. We expect our suppliers and business partners to share our values and principles in engaging in positive business strategies.

The Wall Street Reform and Consumer Protection Act, frequently referred to as the Dodd Frank Act, was amended on August 22, 2012 to include Section 1502 regarding Conflict Minerals. The intent of Section 1502 is to reduce human rights abuses and the funding of armed groups in the Democratic Republic of the Congo, referred to as the "DRC." Section 1502 is concerned with the sourcing of Tin, Tantalum, Tungsten and Gold from the DRC and its surrounding nations to ensure they do not benefit groups that engage in human rights violations. As part of this legislation we are required to annually gather documentation from our suppliers to certify that they source responsibly. This information is evaluated for compliance and stored as evidence of our commitment to promoting positive business practices and human rights.

We gather this information in the form of the latest Conflict Minerals Reporting Template (“CMRT”)created by the Conflict Free Sourcing Initiative (“CFSI”). This tool allows us to create a comprehensive database of all smelters and sources for conflict minerals. We use this to ensure we use and create products and resources conducive to promoting a global environment of mutual respect.

Edmund Optics supports having a safe, secure supply chain, and promoting the welfare of all people. We do this by complying with all applicable legal requirements of the Dodd Frank Act.

We will assist customers who ask for aid in implementing and administering their own Conflict Mineral Programs.

Suppliers and business partners who do not comply with our Conflict Material Program will be reviewed by our supply chain for retention.

当社の在庫品や特注の光学製造対応力をご確認ください。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地に15以上の現地オフィスを配置。世界水準のサービスで現地サポートをご提供しています。

当社の専門性は、球面素子、非球面レンズ、プリズム、イメージングレンズ、イメージングやレーザー用オプティクスの組立品、メカニクスだけに留まりません。

光学製品の割引、専門家による無償サポート、わかりやすい光学関連ビデオ、採用情報などの情報が満載です。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×