eo_logo
  • 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  • cart   
 
Rapid Optical Prototyping

崩壊する製品ライフサイクルにすばやく対応

製品ライフサイクルの崩壊により、オプティクスやイメージングに依存するデバイスや装置、そしてプラットフォームの成功には、迅速なプロトタイピングが不可欠になりました。新技術が急速なペースで導入されるにつれ、試作品の開発にかかる時間を短縮することが必要となっています。試作することが速くできるほど、製品の市場投入を早くすることができます。時間的およびソーシング的要件に応じて、迅速な光学プロトタイピングを実現するにはいくつかの異なるソリューションがあります: 在庫販売部品の利用、在庫販売部品の二次加工、または特注ソリューションの迅速な実行です。

迅速な光学プロトタイピングに向けた13の創造的テクニック

どんなアプリケーションにも固有のタイムライン、資質、そして仕様がありますが、試作に必要な時間を短縮するために共通に利用できる技術がいくつかあります。以下は、光学サブシステムの試作品をすばやく効率的に作るのに使用できる、13の創造的テクニックの一覧です。

  1. 単色化して使用する素子の数と複雑性を減らす
  2. 調達可能な在庫販売品のシングレットレンズ (単レンズ) を用いて"ベストフォーム"素子に近づける
  3. イメージングレンズの向きを変え、それを対物レンズとして用いる
  4. 在庫販売品オプティクスを用いて複合アッセンブリ品をカスタマイズする
  5. 試作用チューブの内径側ねじ切り加工を利用する
  6. シムやスペーサー、モノリシックなマウントといった機械部品を3Dプリンタで作る
  7. 標準品のウインドウ製品をミラーやフィルター、ビームスプリッターなどの基板として使用し、費用対効果を上げる
  8. 補償プレートを用いて収差補正する
  9. 標準品のレンズ製品を部分修正することで、完全特注レンズ製作時に対する時間の節約を行う
  10. アッセンブリ内の絞りの交換やコーティングの変更
  11. サプライヤーとの関係を事前に良好なものにしておき、完全特注品試作時の早期対応を促す
  12. ベンダーで対応可能な製造公差を理解し、どのオプションに対してそのサービスが適用できるかを検討しておく
  13. 製造可能なデザインを行い、コストとリードタイムを削減する

迅速な光学プロトタイピングに向けた13のテクニックについて更に理解するため、Edmund Opticsの社内プロトタイピングエキスパートのJeremy Govier と Andrew Lynchによる以下のWebinar (英語) をご鑑賞ください。

参考資料

アプリケーションノート

理論的説明や公式、図解などを網羅した技術情報やアプリケーション実例です。

在庫品オプティクスを用いてデザインする際の5つのヒント
読む  

光学系の機械的設計、組み立て、位置決めに対する5つのヒント
読む  

在庫販売品オプティクスを用いてあなた仕様のビームエキスパンダーを構築する
読む  

公差を厳しくした球面レンズ
読む  



良質なイメージングを得るための11のベスト・プラクティス
読む  

Keys to Cost Effective Optical Design and Tolerancing
読む  

映像情報

シンプルなヒントから製品のメリットを紹介するアプリケーションベースの実演までを網羅したビデオコンテンツです。

Cost Impact of Spherical Tolerancing Webinar
鑑賞する  

関連ページ

関連する製品や対応力、またはコンセプトを補足する追加ウェブページ。

在庫品の二次加工サービス
読む  

デザインサービス & エンジニアリングサポート
読む  

このコンテンツはお役に立ちましたか?
×