製品がカートに追加されました

Hoya 吸収型 NDフィルター OD3.5 25mm

Hoya の更なる情報へ
×
商品コード #36-269 5-7営業日
×
Quantity Selector - Use the plus and minus buttons to adjust the quantity. +
¥6,050
数量 1-10
¥6,050
数量 11+
¥5,350
クイック見積り
見積依頼する
製品情報ダウンロード
直径 (mm):
25.00
光学濃度 OD (平均):
3.5 ±0.2
ガラス/フィルターナンバー:
基板: Many glass manufacturers offer the same material characteristics under different trade names. Learn More
ND Filter Glass
コーティング:
Uncoated
屈折率 nd:
1.531
表面品質 (キズ-ブツ):
80-50
転移点 (°C):
542.00
全厚 (mm):
2.50
全厚公差 (mm):
±0.5
透過率 (%):
0.03 (average)
タイプ:
Neutral Density Filter
ブロッキング波長域 (nm):
400 - 700
寸法公差 (mm):
±0.1
平行度 (mm):
<0.02

環境規制対応状況

RoHS 2015/863:
REACH 201:
適合証明書:

製品群全体の紹介

  • 可視光を反射ではなく吸収して減衰
  • 複数枚のフィルターを重ね合わせて光遮断性能を更に改善
  • 0.1 ~ 4.0 までの光学濃度をラインナップ
  • Cマウント鏡筒内に事前固定したものもラインナップ

Hoya 吸収型NDフィルターは、可視域内でほぼ同じ分光透過率特性を有し、反射を最小限に抑え、吸収で光を減衰させます。吸収型フィルターのニュートラリティや濃度は、通常は材料の特性やその板厚によって決まります。Hoya製のNDフィルターの場合、特定の光学濃度になっているため、板厚のみで硝材の機能が決まります。Hoya 吸収型NDフィルターは、測定器や画像の露光制御での光制御アプリケーションに有益です。分光的な特性変化は、光学濃度が高くなるにつれて発生します。 

光学濃度は、例えば、0.6と0.9のOD値を持つフィルターを積み重ねると、1.5の濃度を作り出せます。光学濃度は、以下の式で透過率に関係しています:T = 10-OD x 100 = 透過率 (%)

補足: サプライチェーンの問題により、当社のキット製品はこれまで使用していた木製格納箱ではないパッケージオプションで納品される場合があります。予めご了承ください。本件に関する質問がございましたら、以下にお問い合わせください: kits@edmundoptics.com

フィルターシミュレーションソフトウェア

Hoya ガラス各種の内部透過率と外部透過率の計算に用いることができるHoya 社のカラーガラスフィルター計算プログラムをダウンロードするには こちらをクリックしてください。このプログラムは、ユーザーが指定した板厚の個別フィルターの性能をシミュレーションすることができます。

吸収型NDフィルターキット

#55-222は、光学濃度 0.15, 0.3, 0.4, 0.6, 0.9, 2.5の6枚のフィルターで構成されます。 

#63-468#63-469#63-470, #66-155は、光学濃度 0.1, 0.15, 0.2, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.9, 1.0, 1.3, 1.5, 2.0, 2.5の14枚のフィルターで構成されます。光学濃度3.0のみがこのキットには含まれません。

 
販売や技術サポート
 
もしくは 現地オフィス一覧をご覧ください
簡単便利な
クイック見積りツール
商品コードを入力して開始しましょう