Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
格子周波数 (本/mm)
波長域 (nm)
寸法 (mm)
コーティング
構造
設計波長 DWL (nm)
基板
タイプ

回折格子

 回折格子は、光をその構成波長に分離するために用いられる光学素子です。回折格子は、分光解析に用いられ、分光光度計やモノクロメーターへのインテグレーションに用いられます。回折格子の表面には、けがき加工かエッチング処理によって形成された一連の密に詰まった溝が施されてます。回折格子は、透過か反射のいずれかで機能します。光が格子面を透過する、或いは反射する時、個々の溝が光を回折して各構成波長に光を分散します。なお回折格子を使用する際は、表面にソフトコーティングが施されているため、取扱いに特に注意を要します。洗浄も基本お薦めしておりません。洗浄のご依頼を頂くこともありますが、洗浄の難しさや、洗浄してどの程度元の性能まで戻せるか、等の懸念から、通常はお受けしておりません。マスター品とは違い、レプリカ品の場合は安価な価格でご提供できることにメリットがあるため、新品のご購入をお勧めしております。

 エドモンド・オプティクスは、紫外 (UV)、可視、赤外 (IR)帯域用の透過型や反射型回折格子をご用意しています。製造の際は、一枚のマスターグレーティングがそのレプリカ作製用に用いられます。製造工程により、回折格子のタイプが決定されます。ブレーズド回折格子は、精密ダイヤモンドツールを用いて製作されたマスターグレーティングの格子面を転写した一連の溝で構成されます。ブレーズド回折格子は、高効率を求めるアプリケーションに用いられます。ホログラフィー回折格子は、2本のレーザー光線によって生じる干渉縞を利用して製造されます。ホログラフィー回折格子は、迷光の最小化を求めるアプリケーション用に最適です。


×

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×