Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2421

アクロマティック波長板 (位相差板)

Achromatic Waveplates (Retarders)

Achromatic Waveplates (Retarders)


  • 複数の機能波長帯をラインナップ
  • 広い波長域にわたりフラットなリタデーション特性
  • λ/4とλ/2のリタデーション

 標準的な波長板とは異なり、アクロマティック波長板 (位相差板)は、使用する光の波長に依存せず一定の位相シフトを実現します。このアクロマティック (= 多色性)な特性は、リタデーション特性の異なる2 種類の結晶材料 (水晶と弗化マグネシウム)を組み合わせることで実現しています。入射光の波長が変化しても、各結晶毎に生じる位相シフト量が互いを相殺するため、結果的に波長依存性がなくなります。アクロマティック波長板 (位相差板)のフラットな特性は、チューナブルレーザーや多波長レーザーシステム、また他の広帯域波長光源との使用に最適です。

 0°の入射角で用いるためにデザインされ、入射角が±3°ずれた場合でも位相ずれは1% 未満に収まります。11.5mmの有効径の波長板は、2枚の結晶材料をエアスペース構成で配置し、23mmの有効径の波長板は、2枚の同材料を接着固定しています。どのアクロマティック波長板 (位相差板)も、結晶の光軸 (高速軸)を示すマーキングが付いた、黒アルマイト仕上げの金枠内に固定されます。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×