Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2239

キューブ型無偏光ビームスプリッター


×
  • 低偏光依存性のコーティングを採用
  • 高精度の直角プリズムを用いて構成
  • 入出射面四面に、透過効率を最大化するBBARコーティングを採用
  • Cマウントバージョンもラインナップ

 TECHSPEC® キューブ型無偏光ビームスプリッターは、高精度に精密加工された2個の直角プリズムにより構成されます。一方のプリズムの斜面に、B/Sとして機能するための適当な光学薄膜を蒸着し、2個のプリズムの斜面同士を接合してキューブ型を構成します。有効に機能する波長帯別に、430~670nm広帯域タイプ、720~1080nm広帯域タイプ、1100~1620nm広帯域タイプの3種類をご用意しています。どの製品も入射面と出射面の四面全てに、マルチARコート (反射防止膜)が施されています。これにより、所定の波長帯に対する透過効率を最大にします。どの製品も、ビームスプリッターとして機能する薄膜には、金属膜と誘電体膜をミックスしたハイブリッド膜を採用しています。この膜の採用により、機能する波長帯の広帯域化を可能にし、p、s偏光各々の透過/反射特性の差を6%以内に制御しています。

 無偏光タイプのB/Sは、入射光の偏光状態も含めて、透過光と反射光を所定の比で分割します。1:1の分割比を持った無偏光B/Sの場合は、得られる透過光のp成分 (TP)とs成分 (TS)、及び反射光のp成分 (RP)とs成分 (RS)の全てが同じ比で分割されます。よってレーザーに代表される偏光した光の1:1ビーム分割用途に最適です。無偏光B/Sにより得られる透過光と反射光の各偏光状態は、入射光のそれと同じになります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×