Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2986

広帯域キューブ型偏光ビームスプリッター


×
  • p偏光を透過、s偏光を反射
  • 可視域 (VIS)、或いは近赤外域 (NIR)の波長帯に機能
  • 消光比 >500:1を実現
  • 基板面精度 λ/8のプリズムを用いた高精度デザイン
  • 入出射面 (四面)全てにマルチARコートを採用

 特定のレーザー発振波長において、1000:1以上の高消光比を実現するレーザーライン用キューブ型偏光ビームスプリッターとは異なり、本製品は広帯域に機能するようデザインされています。下記に記載した設計波長帯であれば、どの波長でも500:1以上の消光比が得られます。設計波長帯は、420~680nmの可視域でデザインされたVISタイプと、700~1100nmの近赤外域でデザインされたNIRタイプの2種類が選べます。どちらのタイプも入射面と出射面の四面全てに、マルチARコート (多層反射防止膜)が施されます。このコートにより、ゴースト像の発生を最小限に抑え、透過効率を最大にします。ビームスプリッターとして機能する薄膜には、光の吸収が少ない誘電体多層膜を使用。またキューブ型ビームスプリッターを構成する2個の直角プリズムには高精度のものを使用し、精密な偏光分離用にデザインしています。

 なおVISタイプのB/Sは、使用している硝材 (N-SF11)自身が持つ内部透過特性により、設計波長短波長側では無視できない吸収があります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×