Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2781

ワイヤーグリッド偏光ビームスプリッター


×
  • ワイヤーグリッドテクノロジー
  • s偏光を反射、p偏光を透過
  • 高温での使用環境下にも最適

 ガラス基板上に薄いアルミ製MicroWiresを施したプレート型偏光ビームスプリッターです。本製品に入射した光は、アルミ線網を構成するワイヤーグリッド面での複屈折 (birefringent)作用によってp偏光とs偏光に分かれます。入射光がワイヤーグリッド面に当たると、p成分の光は誘電体部に入って透過し、一方のs成分の光はミラー面に当たって反射されます。透過光 (p成分)の光学特性のみを管理したワイヤーグリッド偏光フィルターとは異なり、”ビームスプリッター”として設計した本製品は、透過光 (p成分)と反射光 (s成分)の両方の透過特性を管理しています。設計入射角も、分離した両方の光を取り出す目的のため、45°で最適化しています。

補足: MicroWiresは、非常にデリケートで、脆い性質があります。ご使用の際は、他の光学素子以上に慎重にお取り扱いください。

 ワイヤーグリッドベースの偏光素子は、従来からあるフィルムをベースにした同素子には見られない、優れた光学特性と耐熱性があります。フィルムをベースにした同素子よりも一般に広角に機能し、高スループットを実現します。得られる像コントラストや光の均一性も申し分ありません。なお使用温度が100℃を超える場合、最適な性能を得る目的のため、ワイヤーグリッド面を光源 (入射ビーム側)とは反対の向きに向けてご使用ください。一方、使用温度が100℃以下の場合は、同面を光源に向けてご使用ください。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×