Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1490

透過型回折格子フィルム


×
  • 分光用途に最適
  • 2つの格子周波数オプション
  • ロール、シート及びカードボードタイプをラインナップ

 フィルム厚わずか76μmの本製品は、白色光を虹色のスペクトルに分解したり、レーザーのような単色光のビームスプリッター用途に利用されます。教育用や実験用に最適です。エドモンド・オプティクスでは格子周波数 1000本/ mmと500本/ mmの2種類のフィルムをご用意しました。どちらも格子の断面形状もホログラフィー回折格子のようなSIN波形状のため、ブレーズドタイプのものに比べて迷光の発生が少ないという利点があります。格子周波数が大きくなると、得られる分数角も大きくなります。そのため格子周波数 1000本/ mmのフィルムは、500本/ mmのフィルムに比べてより広い範囲にスペクトルを分散します (同一次の回折オーダーに対して) 。また格子周波数が大きくなるほど、得られるスペクトルの分解能も高くなるため、吸収スペクトルや発光スペクトルがよりはっきりと見えるようになります。一方の500本/ mmのフィルムは、1000本/ mmのフィルムで得ることのできる回折オーダーよりも高い次数のオーダーが必要な場合に利用されます。

 どちらの格子周波数のフィルムもロールタイプ、シートタイプ、カードボードタイプの3種類が選べます。カードボードタイプは、フィルムを板紙で挟んでスライド状にアレンジしたものです(有効面寸法は25mm角)。

(注): なお本製品は元々教育用に作られた製品のため、仕様や性能に関する詳細なデータはございません。予めご了承下さい。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×