Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3027

IRワイヤーグリッド偏光フィルター


×
  • 2~30μmまでの波長用にデザイン
  • 多様な基板が選択できるホログラフィック偏光フィルター
  • ハイパワーレーザーに最適なルーリング偏光フィルター
  • 360°の方位角調整に、偏光子ホルダーをご使用ください

 IR ワイヤーグリッド偏光フィルターは、非偏光状態の赤外レーザー光源の光を直線偏光にするために用いられます。また同光源の偏光した光の減光用途にも用いられます。2 枚のワイヤーグリッド偏光フィルターを一緒に使うと、40,000:1を超える高消光比を実現することができます。各フィルターの偏光軸が、保護用の金枠表面に白色マーキング (エッチング処理)で施されているため、事前に軸を調べる必要がありません。ルーリングタイプとホログラフィックタイプが選べます。

 

補足: KRS-5とZnSeは有毒材料のため、取扱いには特にご注意ください。人体への影響を避けるためにも、取扱いの際は、ゴムか樹脂製グローブを常に着用ください。

ホログラフィックワイヤーグリッド偏光フィルター

 ホログラフィックワイヤーグリッド偏光フィルターは、サブミクロンのワイヤーグリッド間隔を作り出す特殊ホログラフィー技術を用いて製造されます。従来のルーリングワイヤーグリッド製法と比較した場合、ホログラフィック製法は、より溝間隔の密なワイヤー網を作ります。これは、より短波長側の性能を最適化することに繋がります。フッ化バリウム (BaF2)、ジンクセレン (ZnSe)、臭化タリウム (KRS-5)、ゲルマニウム (Ge)の基板材料を用意。

ルーリング (刻線式)ワイヤーグリッド偏光フィルター

 ルーリングワイヤーグリッド偏光フィルターは、フッ化カルシウム (CaF2)とジンクセレン (ZnSe)の基板材料が選べます。ルーリングタイプは、精密な等間隔溝を基板表面に直接施して作られます。ルーリングエンジンを用いた加工は、鋭く輪郭のはっきりとした溝を作り出します。この溝は、真空蒸着法によって斜め角度からアルミコートを蒸着することで完成品となります。直接的なルーリング加工と蒸着工程により、溝間隔が密で、高伝導性を持つワイヤー網となり、高消光比特性と高レーザー耐力特性が本質的に得られます。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×