Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1991

プロジェクターヘッド


  • シングルライン, クロスライン, マルチライン, ドットマトリックスの投影パターンを用意
  • 素早い装着が可能
  • レーザーサイオードモジュールへの固定に最適

レーザーパターンプロジェクターダイオードモジュール専用のアクセサリー製品です。プロジェクターヘッドは、同モジュールから照射されるビームスポットをシングルラインやマルチライン、或いはクロスラインやドットマトリックス等の幾何学的パターンに変換する機能があります。特にパテント取得のPowell ガラスレンズデザインを採用したシングルラインとクロスライン用ヘッドは、形成されるラインやクロスラインの光強度分布がライン全体に対してほぼ均一 (ノンガウス分布)で、線幅もほぼ一定です。従来のラインジェネレーターレンズには、シリンドリカルレンズが一般に用いられてきましたが、形成されるラインは、中央部が極端に明るく (ガウシアン分布)、線幅もライン全体で一定でない場合が通常です。よってシリンドリカルレンズを用いたラインジェネレーターは、用途によっては不都合になることがあります。このような場合は、本プロジェクターヘッドの使用がお勧めです。

プロジェクターヘッドのダイオードモジュールへの装着は、ダブテイル (アリ溝)デザインの採用により至って簡単です。ヘッドの最終的な位置固定は、ヘッド部鏡筒中にある止めビスの締め付けにより行います (アレンレンチ付属)。クリアなレーザーパターンを得るために、希望とする照射距離におけるモジュール自体のピント調整を事前に行って下さい。ピント調整後に、プロジェクターヘッドをモジュールに装着して、ヘッド位置を微調整し、止めビスで最終的な位置固定して作業完了です。なお出力が10mW 未満のレーザーモジュールは、プロジェクターヘッドを装着することにより、CDRH クラスがII になります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×