Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2048

N-BK7コーナーキューブ


×
  • 再帰反射プリズム
  • 最小3秒までの偏角精度
  • アライメント用に便利
  • 様々なコートオプション (増反射膜と反射防止膜に対して)
  • 枠付きバージョンもラインナップ

 コーナーキューブ (Corner Cube)は、入射光を再帰反射して入射方向に戻す機能を持ち、この時の像は反転状態にあります。コーナーキューブの場合、このような光の再帰反射性は入射角度が大きい場合にでも有効なため、垂直入射 (0°入射)時にしか再帰反射性を持たないミラーとは機能が大きく異なります。この特長を生かして、光軸調整の困難な作業や作業時間を短縮したい場合などに頻繁に利用されます。コーナーキューブには、反射面が三面あります。  

 TECHSPEC® N-BK7コーナーキューブは、反射面三面全てに金属膜 (銀コート)を施したタイプをご用意しています。N-BK7ガラスの場合、光の全反射 (Total Internal Reflection)現象が得られる許容最大入射角は理論上±5.7°までとなります (全角で11°程度)。この角度で入射できることが予めわかっている場合は、金属膜の施されていないコーナーキューブを使用することにより、反射面全てにおいて光の全反射 (100%反射)が可能になります。よってスループットを最大にできます。反対に入射角度が大きい、或いは予測不可能な場合は、反射面における視野角が広くなる金属膜の施されたタイプの使用がお勧めです。なおN-BK7コーナーキューブにオプションとして用意している銀コートは、増反射用の金属膜の中で最も偏光依存性の少ない薄膜材料です。金属膜には保護用のインコネル、及び墨塗り加工が施されます。

 TECHSPEC® N-BK7コーナーキューブには、入出射面にVIS 0°マルチコート (反射防止膜)を施したタイプも選べます。更なるスループットの改善が可能です。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×