Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3036

Cマウント ビデオマイクロスコープユニット


  • ミツトヨ製無限補正対物レンズ (M26)をCマウントカメラに簡単接続
  • シンプルなシステムインテグレーションを可能にするコンパクト設計
  • 同軸落射照明用のø14mmポート装備
  • Cマウントデザイン; 許容カメラフォーマット ≤2/3型

 Cマウント ビデオマイクロスコープユニットは、M26 x 0.706のねじ込みを持つミツトヨ社製無限補正対物レンズを、Cマウント規格のカメラに接続します。本製品の使用により、シンプルな構成の高倍率イメージングシステムが構築できます。内蔵の結像レンズ別に、可視域中心で収差補正したモデル (#63024)と、近紫外~近赤外で収差補正したモデル (#66618)の2種類が選べます。この結像レンズは、焦点距離200mmで設計されているため、同社製の無限補正対物レンズを使用した場合は、結像倍率1Xの光学系として機能します。

 本製品には同軸落射照明用のファイバー用ポ-ト (ø14mm)を装備しています。ポートの口が上に向いた設計は、ファイバー接続時に対物レンズ下の被検試料に誤って接触しないよう考えられたものです。なお、エドモンド・オプティクスのライトガイド製品を本製品に使用する場合は、6.4mmのファイバーハンドル径のものをご使用下さい。ポート部には、試料に照明する光量を調節するためのアイリス絞りも装備しています。2/3型デザイン。鏡筒部本体にはマウント用のM4のタップ穴が縦3 x 横2の配列で6ヶ所、27mm間隔で施されています。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×