Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1557

SPECWELL®デュアルパーパス・スコープ

Camera + #54-917 + 35X Microscope

Camera + #54-917 + 35X Microscope


  • 顕微鏡として、或いはモノスコープ (望遠鏡)として使用可能
  • 顕微鏡倍率で25~45Xまで、全5モデル
  • ルーフプリズム使用により正立像で結像
  • 25Xと35Xモデルは、オプションのCマウントアダプター使用により、同規格のカメラ接続に対応

 スコープ本体、マクロレンズ、アクリルベースの3点から構成されるSpecwell®スコープは、上述3点の組み合わせにより短焦点の顕微鏡として機能するだけでなく、スコープ単体の使用 (マクロレンズとアクリルベースは着脱可能)により、長焦点の望遠鏡としても使用できる非常に便利なスコープです。エドモンド・オプティクスでは顕微鏡倍率別に全5モデルをご用意しました。本製品の多機能性により、使用者の多種多様な検査用途に幅広く対応します。

 本製品は光学系にルーフプリズムを採用しており、正立像で結像します。通常は接眼レンズを通して像を見ますが、25Xモデルと35Xモデルにのみ専用のCマウント ビデオアダプターをオプションで用意しています。これを接眼レンズに被せることにより、CCD/CMOSカメラを用いた撮像用途にも対応可能です (得られる倍率や実視野は、下記を参照)。ビデオアダプターの接眼レンズへの固定方法は、25Xモデルがねじ込み式、一方の35Xモデルがねじ止め式です。

 スコープはアクリルベースとのねじ込み位置を調節することにより、対物レンズの高さ位置調整を可能にします。特に30Xモデル、40Xモデル、45Xモデルには、マクロレンズの高さ位置を調節できるファインフォーカスリングが付いており、光学系の微妙なピント調整も可能です。

 無色透明のアクリルベースは、スコープ本体を被写体上に設置するためだけでなく、周辺光をブロックすることなく、明るい像を得る目的でデザインされています。全モデルに保管用ハードケースと携帯用ネックストラップ付属。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×