Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1672

プラスティック光ファイバー (通信グレード)


  • ステップインデックス (SI)・マルチモード (MM)型光ファイバー
  • 優れた透光性、低伝送損失
  • 可視光線をパスし、赤外線/紫外線は殆どカット
  • ジャケットのついたケーブルタイプと、ついていないバルクタイプを用意

 透光性に優れ、伝送損失の少ないプラスティック光ファイバーです。コア部には高純度メタクリル樹脂 (ポリメチルメタクリレート (PMMA))を、またクラッド部には特殊沸素ポリマーを使用しています。クラッド部にはコア部より低い屈折率の材料を使用し、非常に薄い層でコア部を覆っています。この構造により、所定の入射角内でファイバーに入射した光は、コア/クラッド境界面で全反射 (Total Internal Reflection)しながらコア内を伝搬していきます。

 通信グレードのPOFは、可視域において最も高い透光性能が得られるようにデザインされ、POFの中では最も低い減衰率があります。耐久性と耐熱性にも優れ、ジャケット (被覆)なしとジャケットありの2種類が選べます。アナログ及びデジタルデータリンクの用途に最適です。一般にプラスティック製の光ファイバーは、ガラス製と比較して長距離伝送能力の点で劣りますが、低コストで取扱いが容易なメリットがあり、標準的な工業用ライトガイドから、30m前後の短距離データ通信まで幅広い用途に利用できます。

取扱い上の注意

 一般に有機薬品 (アセトン・シンナー・ガソリン等)や有機溶剤の使用は、透光性の低下・破損・溶解の危険があるので、ご使用にならないで下さい。なおファイバーの接着には、エポキシ系樹脂の使用がお勧めです。

(ご注意): この商品は、フィート単位での切売り販売になります (1フィート = 30.48cm) 。ご注文の際は最低10フィートから、1フィート単位でお願い致します。なお本製品は素材扱いとして販売しているため、ファイバー末端面 (切断面)は研磨仕上げになっておりません。予めご了承ください。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×