Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1883

ハイパワーレーザー用ピンホール (アンマウントタイプ)

Ceramic Aperture
Copper Aperture
High Power Apertures
Gold-Plated Copper Aperture
Aperture mounted in #38-526 & #38-529 (mounts sold separately)
Tungsten Aperture
Molybdenum Aperture

Ceramic Aperture

Copper Aperture

High Power Apertures

Gold-Plated Copper Aperture

Aperture mounted in #38-526 & #38-529 (mounts sold separately)

Tungsten Aperture

Molybdenum Aperture


  • 100MW/cm²レベルのエネルギー密度を持った高出力レーザーにも使用可能

 ハイパワーレーザー用にデザインされたピンホールです。同レーザーに対して優れた耐性を持つために、熱伝導性に優れた特性を持つ銅やモリブデン、或いはタングステンを基板に採用しています。銅基板のピンホールは、可視域での反射特性に優れた標準的仕上げのタイプと、基板の表面側に金メッキを施したタイプが選べます。後者のタイプは、赤外波長領域での反射特性に優れます。対するモリブデンとタングステン基板のピンホールは、より高出力のレーザーに耐える目的のため、その基板の厚さをより薄くしています。こちらは、130MW/cm²のエネルギー密度に耐えることができます。

 どの基板のピンホールも、基板の表面側は高い反射率を持ち、対する裏面側は光の後方散乱を抑える目的で黒色塗装仕上げになっています (但しセラミックのみ両面とも白色)。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×