Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1346

KC VIDEOMAX™ 長作動マイクロスコープレンズ

Motorized InFocus™ KC

Motorized InFocus™ KC


  • 電動モデルもラインナップ
  • 一台で望遠からマクロ、また顕微鏡撮像までに対応
  • 無限遠から最短63mmまでピント調整可能 (IFシリーズ対物レンズ使用時)
  • より小さい作動距離と実視野サイズを実現する顕微鏡用対物レンズも接続可能

 要求の厳しいイメージングアプリケーション用にデザインされた米国INFINITY Photo-Optical社のKC VideoMax™ 長作動マイクロスコープレンズは、0.10X~3Xの光学倍率 (IFシリーズ対物レンズ使用時)を得ることができます。またオプションの対物レンズアダプターを使用することで、ミツトヨ/Achrovid™ 無限補正対物レンズやRMS規格の同対物レンズをKC VideoMax™ に接続できます。これにより、KC VideoMax™ を伝統的なマイクロスコープとして使用することができます。

 KC VideoMax™ 長作動マイクロスコープレンズは、長作動距離と高倍率を有するゲージ用レンズとしてデザインされました。生産品のオフライン品質管理とオンライン検査の両方に対応しますが、特に計測や欠陥検査に適します。なお作動距離を変えずに光学倍率を元の2倍にしたい場合は、オプションのDLダブラーチューブ、或いはLDLダブラーチューブ (#57-714)をKC VideoMax™ とカメラの間に接続してください。また35mm判カメラ (センサーサイズ: 24 x 36mm)に対応するイメージサークルが必要な場合は、オプションの大判センサー用アダプター (#57-715)をご使用ください。これらのアクセサリー製品は、CマウントのKC VideoMax™ レンズ (#86-889)に使用できます。IFシリーズ対物レンズは、KC VideoMax™ レンズ本体にねじ込んで接続します。

 IF-4対物レンズを用いる時は、ファイバー光源リングライトガイドを用いた外部照明の使用も推奨されます。同軸落射照明が必要なアプリケーションには、同軸落射照明用アタッチメント (#56-191)を用いることができます。

電動式INFOCUS™ KCレンズ
 電動式INFOCUS™ KCレンズは、ゴム製Oリングベルトドライブとブラケットを用いた直流ギアモーターによる電動ピント調整機構を採用し、アナログコントローラーユニット (CE対応)とモーター/コントローラー用ケーブル、及びCE認証済みのユニバーサルACアダプター (110V/220V駆動)が付属です。コントローラーユニットは、使用者がレンズのピント合わせを行えるだけでなく、ピント合わせ時のスピードや方向の制御を可能にします。

共通データ

 
Objective IF1 IF2 IF3 IF3.5 IF4
Primary Magnification 0.36 - 0.75X 0.51 - 0.91X 0.80 - 1.28X 1.80 - 2.29X 2.29 - 2.98
Field of View (½" Sensor / Horiz.) 18 - 8mm 12.5 - 7mm 8 - 5mm 3.55 - 2.8mm 2.8 - 2.15mm
Working Distance (mm) 490 - 272 343 - 220 213 - 156 100 - 83 73 - 63

Note: Main body is required for these objectives.

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×