Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2856

Cマウント & Tマウント キネマティックマウント


  • C&Tマウントシリーズコンポーネントを保持するためにデザイン
  • 水平設置用アダプターもラインナップ
  • 移動つまみを取り外して、六角レンチを使ったねじ送りも可能
            

 当社のTECHSPEC® Cマウント & Tマウントキネマティックマウントは、当社のCマウント & Tマウントシリーズコンポーネントとの直接的な接続を可能にします。どのマウントも、高精度な0.25mmピッチの送りねじを採用し、二軸方向のあおり調整を可能にする標準的な2点ねじバージョンと、更なる微妙な調節を可能にする3点ねじバージョンが選べます。3点ねじバージョンは、光軸内での追加移動を可能にします。

 Cマウント用のキネマティックマウントは、Cマウントシリーズコンポーネントを保持するための同マウント (1-32UNF)のねじ込み開口を有します。Tマウント用のキネマティックマウントは、Tマウントシリーズコンポーネントを保持するための同マウント (M42 x 0.75)のねじ込み開口を有します。どちらのマウントも、±5°のあおり調整用に100TPI (0.25mmピッチ)の細目送りねじを使用しています。

 構成する部品の材質選定は、製品の品質と再現性を左右します。どの送りねじの接触面にもステンレス製の挿入部が使われ、特殊グリースにより、送りねじのスムーズな動きを確実にします。送りねじ先端に付いているつまみは取り外し可能で、六角レンチ (対辺 2mm)や電動アクチュエーターによる移動も可能なデザインです。他部品との固定用のキャップスクリューと六角レンチ付属です。

 キネマティックマウントは、当社のTECHSPEC® ステンレス製マウントポストに接続するためにデザインされています。同ポストに付いているオス-オス型アダプターを取り外すと、M4かNo.8-32UNCのタップ穴が現れます。キネマティックマウントには、他部品との接続用に、M4/U8用のザグリ穴加工 (2ヶ所)が施されており、またM4 x 0.7とNo.8-32UNC用のキャップスクリュー (各1個)が付属しているため、これらを用いてポストのタップ穴に接続固定することができます。

 本製品用にデザインされたTECHSPEC® キネマティックマウント用アクセサリーは、キネマティックマウントを様々なセットアップ用途に簡単にインテグレーションすることができます。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×