Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #2677

レーザーダイオード・ビームエキスパンダー


  • 焦点調整時に収差の発生を最小化
  • 内部の光学素子が回転しないピント調整機構を採用
  • マウント用 1/4-20UNC、及び M6 のタップ穴を装備
  • レーザービームのコリメーションから収束まで可能

赤色レーザーダイオード用に特別にデザインされた固定倍率式のレーザービームエキスパンダーです。一般にガスレーザーと比べた場合、レーザーダイオードのビーム径は概して大きく、He-Neレーザー用にデザインされたビームエキスバンダーを使用すると、ダイオードレーザーのビームの一部がケラレてしまうことも少なくありません。本製品の場合は、最大 4mmまでの入射ビームを許容します。本製品は、入射側に M14 x 0.5 の雄ねじが施されています。オプションの C マウント変換アダプター (#58-478) を使用することにより、このねじ込みをC マウント (1-32UNF) に変換することができます。

一般に半導体レーザーは楕円ビームを出射する製品が多く、楕円ビームプロファイルの長軸側と短軸側で各々異なるビーム拡がり角を持っています。このような非点隔差のある楕円ビームを本エキスパンダー単独で拡大しようとすると、一方の軸はコリメートできても、他方の軸は思い通りにコリメートできないケースが殆どです。4.2X アナモルフィックプリズムペアの併用は、この問題を解決する現実的なソリューションです。アナモルフィックプリズムペアのビーム出射側と本ビームエキスパンダーの入射側は、M14 x 0.5 のねじ込みを介して直接接続可能です。主要なレーザーダイオード製品に多い、4:1 前後のアスペクト比を持った LD 光源に効果的です。

共通データ

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×