Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3836

MercuryTL™ 液体レンズ実装テレセントリックレンズ


  • 液体レンズの実装により素早いオートフォーカスを実現
  • テレセントリックレンズの画像性能に液体レンズの柔軟性を付加
  • 作動距離範囲内でテレセントリシティを維持

TECHSPEC® MercuryTL™ 液体レンズ実装テレセントリックレンズは、テレセントリックレンズの対応力に液体レンズの柔軟性を融合したレンズです。このレンズは、視差エラー ( または立体視エラー ) を引き起こさないなど、テレセントリックレンズ固有の特性を生かしながら、電子的にピント調整が可能な液体レンズを組み合わせています。この組み合わせにより、テレセントリシティやディストーション、また画像性能を維持したまま、作動距離範囲内全域での素早いピント調整を行うことができます。TECHSPEC® MercuryTL™ 液体レンズ実装テレセントリックレンズは、被写界深度調整を素早く行う必要のあるゲージや計測、位置決めなどのアプリケーションに最適です。

テレセントリックレンズのピントを調整するのに液体レンズを用いているため、同レンズの曲率が変化します。この曲率変化により、レンズ後側の光路角 (画像センサーへの入射角) が若干変化します。液体レンズによるピント再調整により、全体の作動距離範囲にわたる実視野サイズが若干変化することになります。しかしながら、レンズ前側 (物体側) の光路角は、液体レンズの曲率の変化による影響を受けないため、全体の作動距離範囲にわたりテレセントリックレンズのテレセントリシティが維持されます。

補足: 実装した液体レンズを駆動するためのヒロセケーブルとドライバー (#88-940) は別売りです。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×