Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1286

LDMミニチュアレーザーダイオードモジュール


×
  • フォーカスタイプレーザーダイオードモジュール
  • 発振波長 633nm、670nmの2タイプ
  • 真円ビーム、或いは楕円ビームを照射
  • オプションのLDMラインジェネレーターレンズ使用により、ラインビームも照射可能

 英国IMATRONICブランドのLDMミニチュアレーザーダイオードモジュールは、機器組込みを前提にデザインされた小型/軽量パッケージを採用しています。バーコードスキャナーやレーザーディスプレイ、また研究開発や実験用途等に幅広く対応する高品質レーザーモジュールです。フォーカスタイプのため、モジュール先端に組み込まれている光学系が、使用者側で前後に自由に移動できる構造になっています。そのため本製品により、平行ビームだけでなく、集光ビームや発散ビームを得ること (ピント調整)が可能になります。なお光学系のピント調整方法は、製品に付属のフォーカス用ツールを使って、ダイオードに対する光学系の相対位置を調節することにより行います (但し真円ビームを出射するモジュールのみ、鏡筒先端部を回すことにより調節します)。

 LDMミニチュアレーザーダイオードモジュールには、オプションでラインジェネレーターレンズ (#54-161~#54-163)を用意しています (ライン放射角別に3タイプ)。レーザーモジュール自身のビームのピント調整後に、ラインジェネレーターレンズをモジュール先端部に装着すると、鮮やかなレーザーラインを得ることができます。なおデザイン上、真円ビームを出射するモジュールには装着できませんので、ご注意ください。

 本製品を動作させる際は、5V ACアダプターの使用が便利です。なおダイオードの長寿命化のために、特に高い電圧で使用する場合は、ヒートシンク等を付け、放熱対策を必ず行ってください。レーザーダイオードホルダー (#53-262)の使用も放熱対策に成り得ます。なおLDMモジュールにはサージ保護回路が搭載されていないため、サージ対策も併せて推奨します。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×