Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #1852

ポケットサイズUSAFカード


 表面をビニールでラミネート加工した、携帯に便利なUSAFチャートです。89 x 51mmの名刺サイズで、USAFテストパターンは、グループ0/ライン1からグループ3/ライン6までに対応しています (下記表を参照のこと)。またUSAFテストパターンだけでなく、空間周波数 1本/mmのロンキー・ルーリングも施されています。撮像光学系の同焦性のチェックや限界解像度の評価が手軽に行えます。なお本製品は光を透過しません (反射光で性能評価します)。

 なおテストターゲット製品の使用上、製品の性能や機能に影響を与えない内容のキズやエッジチップ等が付いている場合が希にあります。テストターゲット製品は原器ではございませんので、その点は予めご了承ください。

1951 USAFテストパターンの読み取り方 (下図参照)

 1951年に米国空軍により規格化されたUSAF (US Air-Force)解像力テストパターンは、"グループ数"と"ライン数"の2つのファクターにより構成されます。1つのグループに6ラインがあり、1つのラインには水平方向の3バーチャートと垂直方向の3バーチャートが配列されています。3バーチャートとは、3本の等幅の黒線が等間隔で配列されているパターンのことです。単位は、1mm当たりの空間周波数を表すために、"本/mm"が用いられます。"本/mm"という単位は、等幅の黒線と白線各1本ずつを1セットとして、1mm当たりに何セット分あるかを表しています。垂直方向の3バーチャートは撮像光学系の水平限界解像度を評価するために、また水平方向の同チャートは、垂直限界解像度を評価するために利用されます。

 1グループ内にある6つのラインは、ライン数1の周波数を20/6 (= 1)とした時、ライン数が1段階上がる毎に1/6乗ずつ空間周波数が増えます。6段階全て上がる (即ちライン数が7になる)と、空間周波数が2倍 (= 26/6)になり、一つ上のグループ数に段階が移ります (この時、ライン数は1に戻ります)。

共通データ

Number of Line Pairs / mm in USAF Resolving Power Test Target 1951
Element
Group No.
0 1 2 3
1 1.00 2.00 4.00 8.00
2 1.12 2.24 4.49 8.98
3 1.26 2.52 5.04 10.10
4 1.41 2.83 5.66 11.30
5 1.59 3.17 6.35 12.70
6 1.78 3.56 7.13 14.30

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×