eo_logo
  • 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  • cart   
 
構造化照明の使用
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

構造化照明の使用

 照明製品は、どのマシンビジョンシステムにも不可欠なアイテムです。照明製品の選定が、良い画像システムとより優れた画像システムの違いを生むことも度々あります。各々のアプリケーションに合わせて照明の位置や波長を独自に考えていく必要があるのはもちろん、ある種のシステムでは、システム性能を最大化するために、構造化照明が求められることもあります。

 構造化照明は、対象物の形状や深さを測定するために、光の特定パターンを利用します。格子、ドット、ラインといった異なるパターンを対象物に照射することで、効果的な3Dシステムを構築する一方、コストや部品点数、複雑性を最小化しています。

 十分に調整されたシステムは測定精度を高めるため、構造化照明は普遍的なものではなく、所定の測定結果を得るために特定のパターンを使用する必要があることを理解することが重要です。例えば、対象物上のいくつかのポイントを検査するには、ドット状のグリッドパターンの使用が良いかもしれません。また対象物の3Dプロファイルを計測するには、ラインやマルチラインパターンの使用が適切です。

 Table 1に、構造化照明用の共通パターンと、それぞれに適したアプリケーションを例示しています。

Table 1:構造化照明用の共通パターン
構造化照明測定方法目的
Triangulation Based
Triangulation Based
三角測量ベース 対象物のスキャン中に、大抵の物体の寸法を測定
Shadow and Triangulation Based
Shadow and Triangulation Based
影と三角測量ベース 対象物のスキャン中に、屈折力のある物体の寸法を測定
Distortion Based
Distortion Based
ディストーションベース 一回の露光で、複数の個別ポイントでの深さ情報を測定
このコンテンツはお役に立ちましたか?

UV, 可視, 白色, 或いはIR波長におけるLED, ファイバー, あるいは蛍光灯照明技術

Many people underestimate the power of proper illumination in an imaging system. Let us tell you how choosing the correct illumination can make all the difference. 

アプリケーションノートやFAQ (よくある質問)、映像媒体など、あなた自身の技術データベースとして活用ください。

エドモンド・オプティクスでは、お客様のニーズに合わせてさまざまなサービスをご用意しています。是非ご活用ください。

お見積りは必要ですか? 商品コードをご入力ください。2段階の見積りプロセスを開始します。

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×