eo_logo
  • 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  • cart   
 

Danfoss社: エドモンド・オプティクスのケーススタディ

汚染の監視や規制は、よりクリーンな環境を実現していく上で不可欠です。デンマークに拠点を置くハイテク企業であるDanfoss IXA社は、MES 1001と呼ばれるデバイスを開発しています。このデバイスは、紫外線吸収分光ベースの海洋センサーで、船舶から放出されるNOやNO2、SO2、NH3 をモニタリングし、全ての環境規制を遵守しているかどうかを監視します。この光学センサーは船舶の排気装置内に設置されるため、搭載する光学部品は過酷な環境に晒されます。500℃までの温度と非常に高圧な環境に同時に耐えられなければなりません。Danfoss IXA社は、この厳しい環境要件を満たす光学部品を開発してくれるパートナー企業を探しており、Edmund Optics® (EO) を通常の対応力を超えたこの挑戦に果敢に取り組むことのできる企業として選びました。EOは、センサー独自の要件を確かめるためにテストベッドを特注製作し、Danfoss IXA社の要件に合致するロバストなシステムの開発を可能にしました。Danfoss IXA社は、海事産業用のセンサーやシステムを開発し、エネルギーの最適化と放出ガスの測定に注力しました。同社は、グローバル企業であり、食糧供給やエネルギー効率化、また温暖化に対するソリューションを始めとする広範なテクノロジーを様々な市場に向け提供するDanfossグループの一員です。詳しくは、 https://www.edmundoptics.jp/company/...

このコンテンツはお役に立ちましたか?
×