Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
全 7 製品の紹介された製品群ページに移動する

ミツトヨ MLテレセントリック対物レンズ 100X

3X (#56-985) & 5X (#56-986)
3X Mitutoyo Telecentric Objective, #56-985

3X (#56-985) & 5X (#56-986)

3X Mitutoyo Telecentric Objective, #56-985

商品コード #87-230
¥545,350
数量 1
¥545,350
実視野 (@1/2型カメラ; 水平方向):
0.06 x 0.08mm
実視野 (@2/3型カメラ; 水平方向):
0.09 x 0.07mm
全長 (mm):
104.00
倍率:
100X
最大筒径 (mm):
39
開口数 NA:
0.70
固定用ねじ径:
M26 x 36 TPI
タイプ:
Microscope Objective
自重 (g):
380
作動距離 WD (mm):
6
分解能 (μm):
0.4
焦点深度 (μm):
0.6
実視野 (mm) (@接眼レンズ:視野数24):
0.3
実視野 (mm) (@接眼レンズ(視野数 18)):
0.23
スタイル:
Finite Conjugate
メーカー:
Mitutoyo
RoHS対応状況:

製品群全体の紹介

  • マシンビジョン計測システムへのインテグレーションを可能にする長作動設計
  • 固定を容易にするコンパクトなデザインと110mmの長い同焦距離
  • 10X以下のレンズには測定用に適したテレセントリック光学系デザインを採用
  • アルミ合金製ハウジング
  • Cマウントカメラとの接続を可能にするチューブ製品もラインナップ

 明視野観察の測定顕微鏡用にデザインされたミツトヨ製MLシリーズ対物レンズは、高分解能かつ高倍率のマシンビジョン計測やゲージングシステムへの使用に最適な対物レンズです。最大100Xまでの対物レンズをラインナップする本製品は、半導体の生産や検査、及び測量や品証及び研究開発ラボで使用することができます。10X以下のレンズにはテレセントリック光学系を採用しており、奥行きのある立体的な被写体も倍率誤差なく、精度の高い測定を可能にします。測定精度の大敵となるディストーションも殆どありません。有限遠設計 (物像間距離は280mm) のため、無限補正対物レンズのように結像レンズを追加で用意する必要もなく、低予算で光学系を構築できるのもメリットです。顕微鏡本体との接続用にM26 x 0.706 (36TPI) のねじ山を採用。

 本対物レンズにより得られる実像をCマウントカメラで撮像したい場合は、対物レンズ用マウントチューブ (#56-992)をご使用ください。

共通データ

 
Magnification A B C D E Stock No.
1X 49 10 16.5 31.5 31.5 #56-984
3X 33 10 18 25 28 #56-985
5X 49 10 17 25 28 #56-986
10X 59 10 14.5 30 30 #56-987
20X 90 14.5 23 33 39 #87-228
50X 97 14.7 23 33 39 #87-229
100X 104 14.1 23 33 39 #87-230

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×