Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
全 81 製品の紹介された製品群ページに移動する

TS 精密ガラス非球面レンズ 25 X 50 NIR

商品コード #33-946
¥32,500
×
数量 1-5
¥32,500
数量 6-25
¥26,000
数量 26+
見積依頼する
直径 (mm):
25.00 +0.0/-0.1
焦点距離 EFL (mm):
50.00
開口数 NA:
0.25
バックフォーカス BFL (mm):
46.54
焦点距離を規定している波長 (nm):
587.6
中心厚 CT (mm):
5.50
中心厚公差 (mm):
±0.1
コーティング:
BBAR (600-1050nm)
コーティングスペック:
Ravg ≤1.5% @ 600 - 1050nm
基板:
L-BAL35
有効径 (%):
90
非球面形状誤差 (µm RMS):
0.75
表面品質 (キズ-ブツ):
60-40
コバ厚 ET (mm):
2.80
偏芯公差 (分):
≤5
Fナンバー:
2.00
タイプ:
Aspheric Lens
波長域 (nm):
600 - 1050
RoHS対応状況:
適合
×

製品群全体の紹介

  • エドモンド・オプティクス自社設計・自社製造品
  • 球面収差を軽減
  • 広帯域反射防止 (AR)コーティングもラインナップ

TECHSPEC® 精密ガラス非球面レンズは、レーザーダイオードからの出力の集光を含む発散光源のアプリケーションにおいて、球面収差を取り除きながら集光するようデザインされています。非球面レンズは、システムの収差を最小限にしながら、レンズのNAを増やすことができます。 非球面レンズの使用により、レンズ複数枚で構成されたシステムに必要とされるレンズの枚数を減らすこともできます。非球面レンズは、スループットの増加やアッセンブリの単純化を実現しながら、システムの総重量を削減することを可能にします。

TECHSPEC® 精密ガラス非球面レンズは、低Fナンバーの採用により、抜群の集光能力があります。また光学系内に組み込むことが容易に行えるよう、この非球面レンズは光学設計データを公開しています。コンピュータ設計の導入により、高次の光学的諸収差を最小限に抑えながら、球面収差を取り除くよう最適化されています。VISコーティングオプションは、425~675nmにおいて反射率を1.5%未満に抑えます。NIRコーティングオプションは、600~1050nmにおいて反射率を1.5%未満に抑えます。数量値引きや特注の非球面レンズに関するお問い合わせは、当社営業部にご連絡ください。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×