• ユーザーログイン
  • 0

オプティクスが可能にする先端診断装置

血液              

光学部品に依存した先端診断装置の未来 - 医療機器に新たな可能性を作り出す

 エドモンド・オプティクスの光学部品は、脳や眼、そして血液を診断する無数のアプリケーションに用いられます。脳では神経細胞活性や遺伝性疾患及びホルモン不安定の発見に、眼では加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、緑内障や網膜疾患の発見に、そして血液においては腫瘍免疫学や血液学、精子選別法やアポトーシスの発見に用いられます。これらのアプリケーションやテクノロジーは、共焦点顕微鏡や多光子顕微鏡、フローサイトメトリーや細胞選別、そして光干渉断層法 (OCT) や他のバイオメディカルアプリケーションにも広がります。あなた独自の顕微鏡や全体的な実装選別プラットホームの構築を可能にする完成した製品群がEOにはあります。
  • EOが設計・製造する光学部品、イメージングレンズ、先端コーティング付きの在庫販売品の唯一の供給源
  • 設計、製造、及びアプリケーションに専門性を持つ150名を超えるエンジニアスタッフ
  • ミツトヨ、オリンパス、ニコン、Coherent®など、業界を代表するメーカーの主力製品を取扱い
  • 先端診断装置メーカーの品質管理ニーズやトレーサビリティ、シリアル番号化に対応するようデザインされたISO9001:2000 やコンプライアンスプログラム
  • ウェブサイトでテクニカルコンテンツやツール、そしてダウンロード可能な55,000を超える技術情報に簡単アクセス

血液 | オプティクスが可能にするフローサイトメトリー

 流動体である血液は、必要栄養素や酸素を各細胞に運ぶ一方、各細胞から出た余計な栄養素や老廃物を取り除くことで人体の機能を維持させます。血液には血漿、血球、水分、たんぱく質、イオン、ブドウ糖、様々なホルモン、そして他の構成要素が含まれています。健康と長寿命を実現するには、適切なメンテナンスやケアが欠かせません。フローサイトメーターやセルソーター、そしてオプトフルイディクスといった光学系を搭載する医療デバイスは、様々な疾患を迅速かつ正確に診断するのに用いられます。レーザーベースのスキャニングフローシステムにはレンズやフィルター、そしてプリズムや他の光学部品が含まれており、赤血球や白血球内の異常を素早く発見することができます。蛍光ベースのセルソーターにも同様の光学部品が含まれていて、患者のCTC (血中循環腫瘍細胞) を正確に発見でき、患者の今後の健康改善に大きく寄与します。

学習する
Optical Filters

光学フィルター
全て見る

 
フローサイトメトリー
 流体懸架装置内を流れる粒子の物理的及び化学的特性を解析する強力な測定技術。粒子がレーザービーム光路内を流れ、そこで生じた前方散乱光や側方散乱光を収集することで定性かつ定量的データが集められる。
フローサイトメトリー
 
セルソーティング
 フローサイトメトリーの一種であるFACS (Fluorescence activated cell sorting) は、個々の細胞を解析して異常なものだけを能動的に選別する。この技法は、各細胞の特性を解析するのに一般的な光散乱や蛍光測定が用いられる。
セルソーティング
 
オプトフルイディクス
 マイクロ流体工学の分野にオプティクスを組み合わせた技術。液晶ディスプレイやエネルギー、光学レンズなど主要アプリケーションは多岐にわたるが、主要なベンチャー企業はラブオンチップ装置やバイオセンサー、分子イメージングシステムに注力する。
オプトフルイディクス ハイスループットスクリーニング
 製薬において非常に多く用いられるパワフルな創薬プロセス。人的エラーのリスクを軽減しながら新薬の迅速な開発を可能にする自動化手順が代表的。
ハイスループットスクリーニング
 

フローサイトメトリー

 流体懸架装置内を流れる粒子の物理的及び化学的特性を解析する強力な測定技術。粒子がレーザービーム光路内を流れ、そこで生じた前方散乱光や側方散乱光を収集することで定性かつ定量的データが集められる。

セルソーティング

 フローサイトメトリーの一種であるFACS (Fluorescence activated cell sorting) は、個々の細胞を解析して異常なものだけを能動的に選別する。この技法は、各細胞の特性を解析するのに一般的な光散乱や蛍光測定が用いられる。

オプトフルイディクス

 マイクロ流体工学の分野にオプティクスを組み合わせた技術。液晶ディスプレイやエネルギー、光学レンズなど主要アプリケーションは多岐にわたるが、主要なベンチャー企業はラブオンチップ装置やバイオセンサー、分子イメージングシステムに注力する。

ハイスループットスクリーニング

 製薬において非常に多く用いられるパワフルな創薬プロセス。人的エラーのリスクを軽減しながら新薬の迅速な開発を可能にする自動化手順が代表的。
 
脳機能マッピング
 神経科学技術は、脳を空間的にマッピングして特定の量や特性を見つけ出す。換言して、脳や脊柱、中枢神経系の構造や機能を画像技術で分析する。
脳機能マッピング
 
オプトジェネティクス
 光の利用して生体組織内の細胞を制御するバイオ技術。ニューロン (神経細胞) は大抵の場合、異なる波長に反応する光レセプターを用いて遺伝学的な修正がなされた。
オプトジェネティクス
 
Clarity法
 ハイドロゲルを用いて脳組織を透明化する手法。抗体やバイオマーカーを用いて脳の核構造の詳細画像を得ることによって行われる。
Clarity法
 
GCaMP (ジーキャンプ)
 遺伝子工学的手法により開発された、カルシウム感受性蛍光タンパク質を用いた脳内イメージング。GCaMPは緑色蛍光タンパク質 (GFP) やカルモジュリン (CaM)、またミオシンからのペプチド配列の融合と似ている。
GCaMP
 
GFP (緑色蛍光タンパク質)
 緑色蛍光タンパク質 (GFP) は、アミノ酸の特定種を含有するタンパク質で、UV~青色の光を露光すると緑の光を発する。海洋生物から抽出される。最も共通的な励起波長は395~475nm、対する蛍光ピーク波長は509~525nm。GFPは非侵襲の蛍光イメージングシステムに広く用いられ、腫瘍の増殖やアポトーシス、及び他の細胞活動の検出を行うのに用いられる。
GFP

脳 | オプティクスが可能にするオプトジェネティクス (光遺伝学)

 脳は人体の最も大事な器官で、我々が行うほぼ全ての活動を制御します。とてもたくさんの神経細胞がシナプスによって繋がれ、軸索として知られる線維を通して情報を伝達し、活動電位と呼ばれる信号を起こす。脳は大変によく研究され、文書化もされていますが、脳に影響を与える様々な病気や遺伝性疾患に関しては未知な領域が多いのも事実です。オプトジェネティクス (光遺伝学) や蛍光マーカーにおける最近の進化は、脳診断の限界を引き上げています。研究者は現在多光子顕微鏡やCLARITY、GCaMPといった技法を利用して、神経発達や脳変性を正確に把握し分析することができます。これらの技法には、顕微鏡用対物レンズや蛍光フィルターを始めとする様々な光学部品が用いられます。近い将来、こうした技法がアルツハイマー病やパーキンソン病といった進行性疾患の更なる理解につながり、数十万人に及ぶ患者のライフスタイルが改善されることが期待されています。

学習する
Infinity Corrected Objectives

無限補正対物レンズ
全て見る

脳機能マッピング

 神経科学技術は、脳を空間的にマッピングして特定の量や特性を見つけ出す。換言して、脳や脊柱、中枢神経系の構造や機能を画像技術で分析する。

オプトジェネティクス

 光の利用して生体組織内の細胞を制御するバイオ技術。ニューロン (神経細胞) は大抵の場合、異なる波長に反応する光レセプターを用いて遺伝学的な修正がなされた。

Clarity法

 ハイドロゲルを用いて脳組織を透明化する手法。抗体やバイオマーカーを用いて脳の核構造の詳細画像を得ることによって行われる。

GCaMP (ジーキャンプ)

 遺伝子工学的手法により開発された、カルシウム感受性蛍光タンパク質を用いた脳内イメージング。GCaMPは緑色蛍光タンパク質 (GFP) やカルモジュリン (CaM)、またミオシンからのペプチド配列の融合と似ている。

GFP (緑色蛍光タンパク質)

 緑色蛍光タンパク質 (GFP) は、アミノ酸の特定種を含有するタンパク質で、UV~青色の光を露光すると緑の光を発する。海洋生物から抽出される。最も共通的な励起波長は395~475nm、対する蛍光ピーク波長は509~525nm。GFPは非侵襲の蛍光イメージングシステムに広く用いられ、腫瘍の増殖やアポトーシス、及び他の細胞活動の検出を行うのに用いられる

眼 | オプティクスが可能にするOCT (光干渉断層計)

 眼は私たちの最も大事な器官の一つで、非侵襲診断が昨今特に利用されています。糖尿病性網膜症や失明、遺伝性疾患によるもの、あるいは鈍的外傷であれ、眼は私たちに沢山の情報を素早くかつ容易に与えてくれます。研究グレードシステムやポータブルなPoCデバイスでの光学的発展は、両端から健康問題にアプローチしており、医療技術において多大な研究成果を作り出しています。これらの手法やシステムの進化によって、網膜疾患を治療不可能な状態になる前に正確に診断する可能性が増えていくことでしょう。技術の進化は疾患部への治療をより効果的に行い、悪性細胞の増殖や不治の病に対する解明にもつながっていくことでしょう。

学習する
Optical Lenses

レンズ
全て見る

 
眼科学
 眼の内部構造や研究、疾病を専門とする医学分野。数多くの深刻な病気を診断していくのに眼は重要な指標の一つとなる。診察の容易性と高次の透過性から、眼は光干渉断層像 (OCT) などの技術や様々なプラットホームを通じて、非侵襲医療イメージングの模範的存在となっている。
                    眼科学
 
OCT
 光を利用して得られる生体組織での光学的散乱から高解像な3D画像を取得する強力な医療イメージング技術。近赤外 (NIR) 光を用いたシンプルな光干渉効果をベースにしており、生体組織内部を効果的に観察する。身体内部に深くなるほど得られる画像の解像度は一般に低くなるが、OCT以外の他の検査技法と併用することでそれを補う。
OCT
 
バイオメトリクス/瞳認証
 個々の瞳/虹彩を計算アルゴリズムを用いて個人を特定・認識する自動化された生体認証技術。人の眼のパターンは個々に固有で、年月が経過しても大きく変わらないことから、生体認証技術としてとても信頼性が高い。距離が離れていても区別や認識が可能。
バイオメトリクス/瞳認証
 
眼底カメラ
 眼底を観察するため専用のカメラ付き低倍率顕微機器。検眼鏡として機能。
眼底カメラ

眼科学

 眼の内部構造や研究、疾病を専門とする医学分野。数多くの深刻な病気を診断していくのに眼は重要な指標の一つとなる。診察の容易性と高次の透過性から、眼は光干渉断層像 (OCT) などの技術や様々なプラットホームを通じて、非侵襲医療イメージングの模範的存在となっている。

OCT

 光を利用して得られる生体組織での光学的散乱から高解像な3D画像を取得する強力な医療イメージング技術。近赤外 (NIR) 光を用いたシンプルな光干渉効果をベースにしており、生体組織内部を効果的に観察する。身体内部に深くなるほど得られる画像の解像度は一般に低くなるが、OCT以外の他の検査技法と併用することでそれを補う。

バイオメトリクス/瞳認証

 個々の瞳/虹彩を計算アルゴリズムを用いて個人を特定・認識する自動化された生体認証技術。人の眼のパターンは個々に固有で、年月が経過しても大きく変わらないことから、生体認証技術としてとても信頼性が高い。距離が離れていても区別や認識が可能。

眼底カメラ

 眼底を観察するため専用のカメラ付き低倍率顕微機器。検眼鏡として機能。
Stephan Briggs

あなたへのサービスにお応えする技術エキスパート

 ステファン・ブリッグス (Stephan Briggs) は、エドモンド・オプティクスでの先進診断装置に関するエキスパートです。ステファンは、顧客や製造部門と直接やり取りし、脳や眼、血液といった大変重要な器官や細胞の診断技術、それも最も早くかつ最も侵襲性の低い技術に対する最良な技術アプローチの決定をサポートします。エドモンド・オプティクスがデザインした光学フィルターや対物レンズ等のバイオメディカル用オプティクスの継続的なラインナップ拡充、また業界を先導するプロバイダーとの連携や先端コーティング技術を通し、ステファンは製品が在庫販売品として購入できるように取り計らいます。また顧客の特定要件に合わせてカスタマイズできるようにサポートしていきます。当社が出展する様々な展示会で彼と話の場を持ちませんか? もしくは当社に今すぐご連絡ください。
left quotation mark 私は顧客をサポートして、光や先端オプティクスを利用する非侵襲医療技術や
システムの開発促進に貢献したいと思っています。  
right quotation mark

--ステファン・ブリッグス (Stephan Briggs)、バイオメディカルエンジニア 兼 先端診断装置のエキスパート