Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
コーティング
設計波長 DWL (nm)
像方向
偏角 (°)
基板
タイプ
波長域 (nm)

枠付き

 枠付きプリズムは、システムインテグレーションを容易にするため、プリズムを事前に金枠に固定してあります。その幾何学的形状により、プリズムの固定は難しい場合があります。光の向きを特定角度で変える枠付きプリズムは、光線の偏向や像の向きの調節、ビーム拡大、或いは入射光を光源に戻すといったことを行うのに最適です。枠付きプリズムは、プリズムを固定する枠のデザイン形状に合わせて実装していける対応力を使用者に提供します。

 エドモンド・オプティクスは、枠付きプリズムを始めとする在庫品の光学素子を世界で最も多くご用意しています。エドモンド・オプティクスの枠付きプリズムは、プリズムの固定や光学系内でのプリズムの向きを調節するのにかかる作業時間の浪費を回避してくれます。枠付きプリズムは、黒アルマイト処理したアルミ製ハウジングに固定したものをラインナップします。ハウジングは、複数のシステムインテグレーションオプション用に、 ¼-20UNC、M14 x 0.5、或いは Cマウントと接続的互換性があります。枠付きのアナモルフィックプリズムペアは、4.2Xの倍率比を得ることができます。Cマウントペンタプリズムは、Cマウントと接続的互換性があり、プリズムをCマウントシステム内に素早く実装することを可能にします。枠付きコーナーキューブプリズム (再帰反射プリズム)は、再帰反射プリズムを固定する最良な方法を決定するのに要する時間をゼロにします。


×

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×