Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
寸法 (mm)
設計波長 DWL (nm)
波長域 (nm)
基板
構造
タイプ

偏光型

 偏光ビームスプリッターは、非偏光の光を2つの偏光成分に分離するのに用いられます。偏光ビームスプリッターは、波長や強度別に分離するのではなく、偏光状態別に光を分離するようにデザインされています。半導体やフォトニクス実装で多く用いられる偏光ビームスプリッターは、p偏光の光を透過し、対するs偏光の光は反射します。偏光ビームスプリッターは、2本の出射ビームを互いに90°分離し、その構造によって0°か45°の入射角度で通常デザインされています。

 エドモンド・オプティクスは、プレート型、キューブ型、台形型を始めとする広範な偏光ビームスプリッターをご用意しています。プレート型ビームスプリッターは、紫外、可視、或いは赤外波長での使用時に最適化した性能が得られ、サイズ別に多数ラインナップしています。キューブ型ビームスプリッターは、耐久性や固定時またはシステムインテグレーション時の簡便性を求めるアプリケーションに最適です。台形型ビームスプリッターは、入射ビームを2本の平行ビームとして分離するようにデザインされています。偏光ビームスプリッターは、汎用的なレーザー波長や波長域用にデザインされたものをラインナップしています。


×

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×