• 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  •   
 
Open-Source DIY Microscopy

非軸放物面メタルミラー

 

最小 50Å (RMS) までの面粗さオプション

 

光干渉法によってテスト

 

メタル材料基板の採用と接着剤の不使用により、最良の熱伝導性を実現

 

色収差や球面収差フリー

 

特注案件は社内の設計、製造、コーティング施設を利用して製作対応可能

 

完全在庫販売体制による短納期供給

 

ITAR 準拠のデザイン対応力

非軸放物面メタルミラーは、広帯域のUV、可視、そしてIRアプリケーションに広く用いられます。材料の特性が性能に大きな影響を与える透過光学素子とは異なり、非軸放物面ミラーは波長に依存せず、広波長帯域にわたり収差フリーを実現します。これらのメリットから、シュリーレンやMTF、FLIRやFTIRを始めとする装置やレーザーシステム、また量子カスケードレーザーなどのIRレーザーでの使用に最適となります。非軸放物面メタルミラーは、焦点へのアクセスにも制限がないため、コンパクトなシステムデザインを可能にします。当社のメタル基板ミラーは、15°, 30°, 45°, 60°, 90°の非軸角度オプションで、保護膜なしの金コートや保護膜付きアルミコートを始めとする複数のコーティングオプションを用意しています。

最高50Å未満の表面粗さで散乱を最小限に

エドモンド・オプティクスで設計・製造されるTECHSPEC® 非軸放物面ミラーは、紫外~赤外域で低散乱で、λ/ 8 RMS の非球面形状誤差と50Å RMS未満の表面粗さを有します。保護膜付き金、保護膜なし金、保護膜付きアルミ、UV 反射強化アルミといった様々なコーティングオプションをラインナップしています。また、ミラーごとに低散乱性を確認するための検査を実施しています。非軸放物面ミラーは、一点集光やコリメーション、ビーム拡大、そしてMTFテストベンチなどの光学試験装置に最適です。

Example of FTIR (Fourier Transform InfraRed) Spectrometer
Figure 1: FTIR (Fourier Transform InfraRed) 分光計のシステム構成例

図 & 計算式

Key Design Parameters
Figure 2: 鍵となるデザインパラメータ
(Left) Ellipsoid Diagram, (Right) Off-Axis Parabolic Diagram
Figure 3: (左) 非軸楕円面ミラー, (右) 非軸放物面ミラー
$$ 4 \, C^2 = f_1 ^2 + f_2 ^2 - 2 \, f_1 \, f_2 \, \cos{\theta} \quad \quad \quad y = \frac{x^2}{4 \, \times \, \text{PFL}} $$
Figure 4: (左) 楕円面の計算式, (右) 非軸放物面の計算式
Most Common Coatings for Off Axis Parabolic Mirrors
Figure 5: 非軸放物面ミラーに最も利用されるコーティング

トレーニング資料

ダイヤモンド切削した
非軸放物面ミラーの面粗さ

読む

ミラー用金属膜コーティング入門

読む

表面品質スペックの
理解

読む

非軸放物面ミラーの選定ガイド

読む

FAQ (よくある質問)

  焦点距離は何が選べる?
当社の非軸放物面ミラーの標準規格品は、最短6.35mmから最長516mmまでの焦点距離のものをラインナップします。
  非軸放物面ミラーはどの波長域に対応する?
非軸放物面ミラーの機能波長域は、ミラー表面に施されるコーティングによって決まります。現時点で3種類のコーティングオプションを用意しています。保護膜付きアルミ、保護膜付き金、そして保護膜なしの金コートです。これらの全オプションで、下は400nmから上は12000nmまでの波長をカバーします。対応波長の上限値は、金コートの材料特性と膜厚の組み合わせによって設定されます。
  基板材料は何が選べる?
当社の非軸放物面メタルミラーは、アルミ (6061T6) を用いて作られます。
  コーティングは何が選べる?
保護膜付きアルミ、UV 反射強化アルミ、保護膜付き銀、保護膜なし金、及び保護膜付き金のコーティングオプションを用意しています。
  楕円面を有するメタルミラーは作ることができる?
標準規格品として楕円面を有する非軸ミラーのご用意はありませんが、特注製作は対応可能です。
  非軸放物面ミラーの特注品をお願いする場合、何のデザインパラメータを指定したらいい?
特注の非軸放物面ミラー製作の際に、焦点距離、非軸角度、焦点距離公差、そして波面精度 (波面ディストーション) を指定いただければ、デザイン効率を上げることができます。
  楕円面ミラーの特注品をお願いする場合、何のデザインパラメータを指定したらいい?
特注の非軸楕円面ミラー製作の際に、反射ビームの2つの焦点距離、焦点距離間の非軸角度、焦点距離公差、そして波面精度 (波面ディストーション) を指定いただければ、デザイン効率を上げることができます。
  どのサイズのものが選べる?
直径が6.35mm、12.7mm、25.4mm、50.8mm、76.2mm、101.6mm の非軸放物面ミラーを用意しています。

お見積りは必要ですか? 商品コードをご入力ください。2段階の見積りプロセスを開始します。

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×