Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
製品群ページ用ID 製品群ページ用IDは、各製品群ページを識別するためのもので、キーワード検索にこの番号を入力することで対象の製品群ページにすばやくアクセスすることができます。 #3767

TECHSPEC® ブランドの製品は、エドモンド・オプティクスによってデザイン、規格化、あるいは製造されます。もっと詳しく
Draconis™ Nd:YAG レーザーライン用ビームエキスパンダー

TECHSPEC® Draconis™ Nd:YAG Laser Line Beam Expanders

TECHSPEC® Draconis™ Nd:YAG Laser Line Beam Expanders


×
  • Nd:YAG レーザー波長用のARコート付き: 532nm & 1064nm
  • 3Xから10Xまでの固定倍率をラインナップ
  • 内部の光学素子が回転しないピント調整機構によりビームのふらつきを低減

TECHSPEC® Draconis™ Nd:YAG レーザーライン用ビームエキスパンダーは、大きな入射ビーム径に対して回折限界性能を実現するため、重要となるアライメント作業の必要性を排除します。ピント調整機構は、出射ビームの発散性の補正やコリメーション用にも用いられます。光学系内部でゴースト像を結ばないため、このビームエキスパンダーはハイパワーレーザーへの対応を確実にします。鏡筒のレーザー入射側にはCマウント (1-32UNF) の雄ねじが施されており、他方の出射側には Tマウント (M42 x 0.75) の雄ねじが施されています。これにより、同マウントを採用するチューブシステムパーツと接続できる発展性があります。オプションのマウンティングクランプ (¼-20UNC用、或いはM6 (x 1) 用の2種類あり) で本製品をクランプすることにより、クランプに施されたスロット穴を通して、上述のねじ規格のブレッドボード製品上に固定できます (同ねじ規格のキャップスクリュー 4個付属)。本ビームエキスパンダーは、レーザー切断や溶接、マーキングを始めとする全てのNd:YAGレーザーアプリケーションに最適です。

補足: この製品群は、以前は TECHSPEC UDA YAG レーザー用ビームエキスパンダーとして知られていました。

TECHSPEC Draconis™ 広帯域レーザー用ビームエキスパンダー もラインナップ。コストをより重視するアプリケーションに向け、エドモンド・オプティクスはTECHSPEC Scorpii™ Nd:YAG ビームエキスパンダー.も販売しています。He-Ne レーザーアプリケーションには、TECHSPEC Arcturus™ He-Ne ビームエキスパンダーをラインナップ。回転式のピント調整機構が許容できるアプリケーションには、TECHSPEC Vega™ レーザーラインビームエキスパンダーTECHSPEC Vega™ 広帯域ビームエキスパンダーをラインナップ。広帯域や超短パルスアプリケーションには、TECHSPEC Canopus™ 反射型ビームエキスパンダーをラインナップ。

532nm バージョンは、530nm のレーザーアプリケーションに対応し、1064nm バージョンは、1060nm, 1070nm, 1075nm のレーザーアプリケーションでの使用に最適です。

Fixed Laser Beam Expanders

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×