Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
カテゴリー
設計波長 DWL (nm)
直径 (mm)
-または- 範囲を選択してください:
0 to 0
基板
リタデーション (nm)
寸法 (mm)
タイプ
構造
波長域 (nm)

偏光素子 & 波長板

 偏光素子は、イメージングアプリケーションにおいて、グレアやホットスポットの低減やコントラストの改善、また歪の評価を行うために用いられます。偏光素子は、磁界、温度、分子構造、化学的相互作用、或いは音響振動の変化を測定するのに用いることができます。光が偏光素子を通過すると、光の偏光状態、言いかえると、光の電界成分のXY方向の振幅状態が変化します。偏光した光は、直線、円、或いは楕円偏光の状態になります。

 エドモンド・オプティクスは、ダイクロイック、結晶、及びワイヤーグリッドタイプの広範な偏光素子をご用意してします。ダイクロイックタイプの偏光フィルターは、特定の偏光状態を透過し、それ以外の状態の透過は全て遮断します。結晶タイプの偏光フィルターは、その高消光比と高レーザー耐力特性により、レーザーアプリケーションに最適です。広帯域アプリケーションに最適なワイヤーグリッドタイプの偏光フイルターは、選択的にp偏光の光を透過し、s偏光の光を反射する微細なワイヤー網を利用します。s偏光は、光の入射面に対して垂直な振動方向なのに対し、p偏光は、同面に対して平行な方向を指します。

円偏光素子 | 全てを見る

結晶製偏光子 | 全てを見る

直線偏光板 | 全てを見る

波長板 (位相差板) | 全てを見る

ワイヤーグリッド偏光板 | 全てを見る

×

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×