Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
Resources / アプリケーションノート / オプティクス / ショートパスとロングパスフィルターを用いて、「あなた仕様」のバンドパスフィルターを構築する
ショートパスとロングパスフィルターを用いて、「あなた仕様」のバンドパスフィルターを構築する
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

ショートパスとロングパスフィルターを用いて、「あなた仕様」のバンドパスフィルターを構築する

 バンドパスフィルターは、特定の波長域もしくは波長帯を透過し、その他の波長の透過を遮断する性能を有します。多くのバンドパスフィルターが在庫販売される中、バンド幅や中心波長的に在庫販売品では対応できないアプリケーション要件では、ロングパスフィルターとショートパスフィルターを重ねて、カスタムのバンドパスフィルターを構築することができます。ロングパスフィルターは、短波長側を反射し、長波長側を透過する機能をもった光学フィルターです。これとは反対に、ショートパスフィルターは、短波長側を透過し、長波長側を反射する機能があります。両方のフィルターの分光透過曲線の一例をFigure 1に紹介します。

500nm Shortpass Filter Transmission
450 Longpass Filter Transmission

Figure 1: ショートパスとロングパスフィルターの透過曲線の比較

 両者の透過曲線は、数学上のヘビサイド関数 (H(λ)) にとても類似しています。公式1に示してある通り、ヘビサイド関数は、定数 x によって決まる特定の区分線形関数です。

(1)$$ H \! \left( \lambda - x \right) = \begin{cases} 0, & \lambda < x \\ 1, & \lambda \geq x \end{cases} $$

 H(λ)はフィルターの透過率として表され、波長はλで表されます。Figure 1のロングパスフィルターの分光透過曲線のヘビサイドモデルをFigure 2に示します。

Heaviside model of the Longpass curve from Figure 1

Figure 2: Figure 1のロングパスフィルターのヘビサイドモデル

 1枚のカスタムバンドパスフィルターは、最低2枚のフィルターを用いることで作り出すことができます。これは、数学上のヘビサイド関数を掛け合わせるのと概念的に大変似ています。450 から 500 までに矩形関数を得たい場合、解1やFigure 3に示した通り、2つのヘビサイド関数を掛け合わせる必要があります。

(2)$$ \text{Let:} \, H_1 = H \! \left( \lambda - 450 \right) = \begin{cases} 0, & \lambda < 450 \\ 1, & \lambda \geq 450 \end{cases} $$
$$ H_2 = H \! \left( -\lambda + 500 \right) = \begin{cases} 0, & \lambda > 500 \\ 1, & \lambda \leq 500 \end{cases} $$
$$ H_1 \times H_2 = \text{BP}_{1, 2} \! \left( \lambda \right) = \begin{cases} 0, && \lambda < 450 \\ 1, & 450 \leq \! & \lambda \geq 500 \\ 0, && \lambda > 500 \end{cases} $$
Rectangular Function of BP1,2

Figure 3: BP1,2の矩形関数のグラフ

 数学の掛け算を用いて得られることは、2枚あるいはそれ以上の枚数の光学フィルターを物理的に重ねることで行えます。複数枚の光学フィルターを重ねると、光は最初のフィルターを通り、次のフィルターへと進みます。個々のフィルターは特定の波長しか透さないため、フィルターを重ねることで任意の波長帯だけを透過させることが可能となります。

A custom bandpass filter where F1 and F2 represent Longpass and Shortpass filters

Figure 4: f1とf2 をそれぞれロングパスフィルターとショートパスフィルターにした時に構築されるカスタムバンドパスフィルター

 フィルターの重ね合わせにより得られた透過曲線の結果をFigure 5 に示します。

Transmission Curves of a Custom Bandpass Filter

Figure 5: 450nm のロングパスと 500nm のショートパスフィルターを重ねることで作られるカスタムバンドパスフィルターの透過曲線

 ロングパスとショートパスフィルターを重ねることで、特定のバンドパス特性を実現するカスタムソリューションを素早く構築することができます。このソリューションは、在庫販売品のバンドパスフィルターでは要件を満たせない場合、或いは特注でフィルターを製作すると非常に高価でリードタイム的にも長すぎる場合に、理想的と言えます。

このコンテンツはお役に立ちましたか?

 バンドパス (干渉)、ノッチ、エッジ、ダイクロイック、色ガラス、NDフィルターが必要ですか? 当社のラインナップは、UV、可視、近赤外から中波や長波の赤外までのスペクトルに対応しています。

Confused about which filters to use for your application? Let EO make it easy with this simple-to-follow application note and its own filter selection guide.

エドモンド・オプティクスでは、お客様のニーズに合わせてさまざまなサービスをご用意しています。是非ご活用ください。

エドモンド・オプティクスには、可能な中でのベストソリューションを提供できるエンジニアの専門家がいます。在庫販売製品から特注デザインまで、EOはあなたのニーズに適合させるのに必要な業界と技術的知識があります。

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×