Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
Resources / アプリケーションノート / オプティクス / 光学フィルターの設置方向
光学フィルターの設置方向

光学フィルターの設置方向

 光学フィルターに関する最も共通した質問の一つに、フィルターの設置向きに関するものがあります。特に、「フィルターのどちらの面を入射側 (光源側) に向けるの?」 といった質問です。どのアプリケーションでも、フィルターのコーティング面を光源側に向けるのが正解です。

 コーティング面とは反対側の面は、特定波長域での透過率を改善するのに反射防止膜 (ARコーティング) が施されることがあります。この波長域から外れたところでは、同膜によって透過は遮断される方向になります。

 極端にシビアなアプリケーションでは、設置方向は統一させておく必要があります。しかしながら、当社のTECHSPEC® ブランドの光学フィルター製品は、どちらの向きに設置しても仕様通りに機能します。

エドモンド・オプティクスのフィルター製品のコーティング面特定方法

  • 枠付きタイプの全てのTECHSPEC® 光学フィルターには、金枠側面部にフィルターのコーティング面を示す矢印が刻印してあり、その面が容易に識別できるようにしてあります。
  • 枠の付いていない全てのTECHSPEC® 光学フィルターには、フィルター有効径外の基板端面部にコーティング面を示す小さな矢印が鉛筆かインクで書かれています。
Filter oriented such that arrow points to filter coated surface S1. Anti-reflective (AR) coating is applied to S2.
Figure 1: フィルターにある矢印の向かう面がフィルターコーティング面 S1を指す。反射防止膜 (ARコーティング) が付いている場合は、この時S2面になる

関連製品

このコンテンツはお役に立ちましたか?

 レーザーライン用の超狭帯域タイプから蛍光フィルター向けに最適化した広帯域タイプまで、一連のバンド幅オプションでラインナップ。

 UVや可視、もしくはIRスペクトル向けのコーティングオプション。優れたブロッキング性能に向け、光学濃度別に各種ラインナップ。

 EOにはあなたが必要とするリソースがあります!当社には光学に対するあなたの疑問の解消に役立つテクニカルコンテンツ集があります。

 光学コーティングの世界で新たなこととは何なのでしょう? 鍵となる用語やコーティング技術、コスト、アプリケーション実例を本ビデオシリーズで学習していきましょう!

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Google+ Edmund Optics Instagram

×