Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   
Resources / アプリケーションノート / オプティクス / アクロマティックシリンダーレンズをなぜ選ぶ?
アクロマティックシリンダーレンズをなぜ選ぶ?
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

アクロマティックシリンダーレンズをなぜ選ぶ?

Achromatic Cylinder Lens

 アクロマティックシリンダーレンズは、像面において球面収差や色収差を劇的に改善する点を含む、従来のシリンダーレンズにはないいくつかの性能的利点があります。アクロマティックシリンダーレンズは、LED光源のラインビーム形成に理想的です。LEDは一般的に単色光源と見なされていますが、代表的なLEDは30nm前後のスペクトル幅 (半値全幅ベース)があったりします。

 Table1は、520nmのLEDをアクロマティックシリンダーレンズと標準的シリンダーレンズの各々で一点集光した時のライン幅の比較です。ライン幅がより小さくなるため、LEDベースのスキャンニングデバイスでは、解像力がより高くなり、S/Nやスループットがより高くなります。

Table 1: φ12.5mmシリンダーレンズの焦点距離別に得られるライン幅の比較
焦点距離アクロマティックシリンダーレンズ標準的シリンダーレンズ
25mm 60μm 275μm
50mm 8μm 77μm
75mm 回折限界 (8μm) 45μm
100mm 回折限界 (10μm) 34μm

Figure1は、平凸シリンダーレンズによる球面収差の影響を図解したものです。アクロマティックシリンダーレンズを用いた色収差の改善は追加メリットの一つですが、この例では、劇的に改善された球面収差が、更に薄く、焦点深度の深いラインを生み出しています。

Illustration of the effect of spherical aberration through the PCX cylinder lens
Figure 1: 2種類の平凸シリンダーレンズによる球面収差の影響の図解
このコンテンツはお役に立ちましたか?

 未コート品からUV, 可視, 或いはIRスペクトル用の反射防止膜付き品まで、アクロマティック, 非球面, 平凸, 平凹, ロッドバージョンをラインナップ。

Review equations for creating a laser line generator and creating circular beams with cylinder lenses.

Explore the many benefits of achromatic lenses to see why you need them in your optical system.

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×