Edmund Optics® は当社ウェブサイトの技術サービス機能最適化のため、自社並びに第三者のクッキーを使用します。当社クッキーの取り扱いについて

  • マイアカウント
  •   

チャープミラー&高分散ミラー

チャープミラーは、超短パルスレーザーのパルスが光学媒体を伝播する際に発生するパルス拡がりを補償するチャープレーザーミラーコーティングを蒸着した分散補償ミラーです。高分散ミラー (HDM) は、高分散の多層膜チャープコーティングを蒸着しており、パルス圧縮や共振器内の分散補償に用いられます。チャープミラーや高分散ミラーは、対になった2枚のミラー間の反射回数を高めるために低入射角で、あるいは一般的なビームステアリング用には大きな入射角でデザインされています。この超短パルスミラーは、プリズムやグレーティングコンプレッサー代わりに用いることができ、よりコンパクトでアライメント不要のシステムを構築できる利点があります。これによって、GDDと三次および高次分散を補償し、より短いパルスの出力が可能になります。

エドモンド・オプティクスは、チタンサファイア、エルビウムドープファイバー、ツリウム (Tm)、ホルミウム (Ho) など、フェムト秒レーザー光源に使用できるチャープミラーや高分散ミラーのラインナップを拡充しています。このミラーは、超短パルス圧縮用の低入射角を持つものか、ビーム伝播中の超短パルス圧縮の45°など、より大きな入射角のものをラインナップします。特注仕様のチャープミラーや高分散ミラーが必要なアプリケーションの場合は、当社にご連絡ください。

800nm 高分散超短パルスミラー NEW
×

800nm 高分散超短パルスミラー
  • 780 - 830nm間で99.8%超 (p偏光) の反射率
  • 5°入射で-1300fs2 のGDD 群遅延分散
  • チタンサファイアウルトラファストレーザーのパルス圧縮用に最適
  • ウルトラファスト用チャープコーティング
1030nm 高分散超短パルスミラー NEW
×

1030nm 高分散超短パルスミラー
  • 7°入射で -1000fs2 までの高次群遅延分散 (GDD)
  • 60nmの帯域幅で99.8%超の最小反射率 (p偏光)
  • Ybドープファイバーレーザーの分散補償用に最適
  • ウルトラファスト用チャープコーティング
1030nm 高分散広帯域超短パルスミラー NEW
×

1030nm 高分散広帯域超短パルスミラー
  • 5°入射で -200fs2 の群遅延分散 (GDD)
  • 950 - 1120nm 間で 99.8%超の反射率 (p偏光)
  • Ybドープファイバーレーザーのパルス圧縮用にデザイン
  • 広帯域ウルトラファスト用チャープコーティング
2μm 高分散広帯域超短パルスミラー NEW
×

2μm 高分散広帯域超短パルスミラー
  • 2000 - 2200nm 間で 99.9%超の反射率
  • -1000fs2 のGDD 群遅延分散 (5°入射時)
  • ツリウムやホルミウムレーザーの<100fs パルス圧縮に最適
  • 広帯域なウルトラファスト用チャープコーティング
45°超短パルス チャープミラー NEW
×

45°超短パルス チャープミラー
  • 高い反射率と負の群遅延分散 (GDD)
  • 45°入射時の分散補償とビーム圧縮に最適
  • チタンサファイアを始めとするフェムト秒レーザー用にデザイン

×

お見積りは必要ですか?

Edmund Optics Facebook Edmund Optics Twitter Edmund Optics YouTube Edmund Optics LinkedIn Edmund Optics Instagram

×