eo_logo
  • 国/地域をご選択ください。
  • こんにちは、 マイアカウント
  • cart   
 
イメージングシステムの6つの基本パラメータ
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

イメージングシステムの6つの基本パラメータ

著者: Gregory Hollows, Nicholas James

本ページはイメージングリソースガイドセクション1.2です

前のセクション次のセクション
Illustration of the Fundamental Parameters of an Imaging System
Figure 1: イメージングシステムの基本パラメータの図解

 以下に紹介するパラメータは、イメージングに関する最も基本的な概念であり、本ガイドの最後まで用いられます。

実視野 (Field of View; FOV): ビジョンシステムで実際に観察可能な被検物体のエリア。カメラセンサーで取り込める物体のエリアに相当。

作動距離 (Working Distance; WD): レンズの対物側鏡筒先端部から被検物体までの距離。

解像力 (Resolution):  イメージングシステムで識別可能な物体の最小サイズ。 詳細は解像力を参照。

被写界深度 (Depth of Field; DOF): ピントが合っていると見なせる物体の奥行き方向の最大深さ。DOFは、物体の像がピンボケせずに最良ピント位置から前後に移動できる範囲に相当する。詳細は被写界深度と焦点深度を参照。

センサーサイズ (Sensor Size): カメラセンサーの有効エリアサイズ。通常は水平方向の寸法で規定される。このパラメータは、必要とする実視野サイズを得るための光学倍率を求めるのに重要。

光学倍率 (Primary Magnification; PMAG): レンズの結像倍率。実視野サイズに対するセンサーサイズの比。センサーサイズと実視野サイズは基本パラメータですが、光学倍率は基本パラメータにはならないことに留意。

(1)$$ \text{光学倍率 PMAG} = \frac{\text{センサーサイズ} \left[ \text{mm} \right]}{\text{実視野} \left[ \text{mm} \right]} $$

補足: 通常は水平方向の数値を代入

Diagram of Fixed Focal Lenses
Figure 2: 固定焦点レンズの図解
このコンテンツはお役に立ちましたか?

関連製品

1700品目を超えるイメージングレンズと中身の濃い50ページものテクニカルコンテンツによって、エドモンド・オプティクスがイメージングオプティクスに関するあなたの良きパートナーとなります。

テレセントリック、固定焦点、マイクロビデオ、固定倍率、可変倍率、ズームレンズのラインナップ。あなたの使用するイメージセンサーに対応した高解像や大判センサーデザインもあり。

イメージングや照明に関する豆知識やトリックを紹介した無料のトレーニングビデオです。

エドモンド・オプティクスは、正しいイメージングレンズの特定方法をサポートするだけでなく、あなたのイメージングに対するニーズを上回る様々な資料や製品を用意することができます。

正しい製品の選定にサポートが必要ですか?アプリケーションに関する質問をお持ちですか?お客様の技術的な質問をご相談ください。当社エンジニアスタッフが専門的アドバイスを致します。

 
販売や技術サポート
 
もしくは 現地オフィス一覧をご覧ください
簡単便利な
クイック見積りツール
商品コードを入力して開始しましょう
×